2021/04/07 Wed. 美しき琵琶湖のてっぺん

「余命3ヶ月システム」あるいは「余命3ヶ月メソッド」がまだリスタート出来ない。

そんなことはもちろんお構いなしに季節は過ぎてゆく。

4月10日まで使える青春18きっぷが一回分残っている。

どこかへ行こう。

自慢じゃないが今週はちょっと仕事がある。

チャンスは今日くらいしかない。

ラッキーなことに終日晴れるという天気予報。

天気がいいのなら琵琶湖の北の端あたりがいい。

奥琵琶湖の景色は全国の人が想像する以上に素晴らしい。

きっと奥琵琶湖なんて誰も想像もしたことないだろう…。

そこが奥ゆかしい。

大阪から新快速で1時間ちょっと、清冽な空気と絵のような風景に出会える。

天気が良くて、季節が良いなら自転車で走ろう。

あの透明な水と、桜と、新緑と、静かな入江と湖を囲む山々を見ながら走ろう。

緑の風を浴びながら、ゆっくりと走ろう。

気持ちいいに決まっている。

 

f:id:shioshiohida:20210407115801j:plain

奥琵琶湖 菅浦への道 竹生嶋が間近に見える。

 18きっぷで湖西線の永原駅まで行く。

ブロンプトンに乗って奥琵琶湖の湖岸を走る。

静かな入江がいくつも続き、最先端に菅浦(すがうら)という集落がある。

かつて惣という村人たち自らが治めていた自治体。

そこを折り返してマキノへ向かう。

桜の名所 海津大崎、桜は散り始めていた。

散った花びらが湖面に桜色の帯を作る。

花筏と桜吹雪の海津大崎。

これも冥土旅かな。

一点の曇りもない青空。

神様の贈りもの一日。

 

f:id:shioshiohida:20210407113421j:plain

静かな入り江に突き出た緑地でランチ

f:id:shioshiohida:20210407131608j:plain

まさに楽園、地図に奥出原園地とある。

f:id:shioshiohida:20210407125813j:plain

お昼は、湖岸の緑地(独り占め)でコンビニ飯

f:id:shioshiohida:20210407114302j:plain

手前に海津大崎の桜並木、背後の山塊は比良山地 ♫比良も伊吹も夢のごと

f:id:shioshiohida:20210407142503j:plain

桜の名所 海津大崎からマキノ側に少し行ったあたり

【行動ログ】

自宅〜[🚲ブロンプトン]〜JR西ノ宮駅〜[🚃JR 輪行]〜JR湖西線永原駅

〜[🚲ブロンプトン]〜管浦集落〜[🚲ブロンプトン]〜湖岸緑地奥出原園地〜

[🚲ブロンプトン]〜海津大崎経由マキノサニービーチ湖のテラス〜JRマキノ駅

〜[🚃JR 輪行]〜JR西ノ宮駅

( 10:55 永原駅スタート 〜14:40マキノサニービーチ着  )

 

 

 山科から敦賀行き新快速に登山姿の老人グループが乗りこんできた。

じじばば合わせ総勢10人くらいだろうか。

4人のボックス席に一人で座っていたけどすぐに埋まった。

騒がしい。

しゃべり声がデカい。

僕らはたまたま生活行動が一人、二人(たいていは夫婦かオッサン友だち)。

(飲酒や食事に関しては3人も多いなと思い始めた頃にコロナ禍だった)

でも、世間のみんな、おそらく半数以上の行動は違うのだろうなと思う。

食事=グループ、飲酒=グループ、旅行=グループなのだ。

たまたま自分の流儀とコロナ禍の制限ちが合致しただけ。

エラそうにしてはいけない。

でも、コロナがなくても団体はうっとうしいと思っていたが。

 

以下、写真日記です。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━━━━━━━━━━

f:id:shioshiohida:20210407090749j:plain

トリコロールの尼崎の駅名表示板 奥から福知山線、神戸線、東西線

f:id:shioshiohida:20210407105831j:plain

永原駅 びわ湖大学駅伝のスタート地点の駅でした。

f:id:shioshiohida:20210407110804j:plain

ロードを組み立ててるサイクリストは苦労してました。僕は30秒!

f:id:shioshiohida:20210407111514j:plain

湖岸に出るといきなり桜並木が…!

f:id:shioshiohida:20210407112430j:plain

湖北はまだまだ見頃です。

f:id:shioshiohida:20210407115457j:plain

山肌を横切る桜色のラインはつづら尾展望台への道

f:id:shioshiohida:20210407120309j:plain

2004年5月には左の展望台からマウンテンバイクでダウンヒル

f:id:shioshiohida:20210407121836j:plain

すがうらという集落

f:id:shioshiohida:20210407120627j:plain

惣という村落で自治を守っていたそうです。

f:id:shioshiohida:20210407121010j:plain

琵琶湖とともに生きてきた村

f:id:shioshiohida:20210407122040j:plain

来た道を戻る。桜の道が続きます。

f:id:shioshiohida:20210407125058j:plain

少し遅いランチ ミニカップチキンラーメン、沸騰させたお湯で。



f:id:shioshiohida:20210407135011j:plain

さ、海津大崎への道です。

f:id:shioshiohida:20210407140721j:plain

湖面に浮かぶ桜 花筏(はないかだ)です。

f:id:shioshiohida:20210407142019j:plain

満開は過ぎたけど花吹雪もいいものです。

f:id:shioshiohida:20210407141711j:plain

ここが先端の海津大崎 札所がありました。

f:id:shioshiohida:20210407142941j:plain

マキノの町へと続く並木も美しい。

f:id:shioshiohida:20210407145202j:plain

サニービーチ びわ湖大学駅伝では第一中継所でした。

f:id:shioshiohida:20210407145315j:plain

ファミマで買いだし。冷えたホワイトビールで乾杯!

f:id:shioshiohida:20210407151924j:plain

湖北の水は飲めそうな清らかさ

f:id:shioshiohida:20210407151851j:plain

オオバン君 潜水する瞬間をカメラがとらえました。

f:id:shioshiohida:20210407150819j:plain

竹生島、対岸の山は先々週登った鈴鹿の霊仙山

f:id:shioshiohida:20210407154738j:plain

カタカナ表記の町も駅名も珍しいのでは…。