ぷよねこ減量日記 since 2016

結果が、最初の思惑通りにならなくても、そこで過ごした時間は確実に存在する。そして最後に意味をもつのは、結果ではなく、過ごしてしまった、かけがいのないその時間 である。 (星野道夫)

2022/10/05 (水)  なにも目指すな!ただ続けろ!

かつては24分で走ったコースだが…。

【 10.05 日録 】

朝から電話が入り、処理案件多し。ひんやりした朝、こんな日は走るのだ。くたびれてはいるが走ろうと思えることは大げさだけど神さまに感謝しましょう。涼しいので一度自分の普段のジョギングの巡航ペースを測ってみた。芦屋浜の中央緑道のアップダウンありの往復4キロコース。頑張らず、いつものペースで走ってみた。最初の1キロでラップを見て驚く。9分近い!歩くのと変わらないのでは。2キロ、3キロとじわじわと何となくペースアップ、身体が温まってきたのだろう。4キロ走って33分54秒だった。キロ8分半か…。普通に走ると8分半か…。かつては普通に走ると6分半だった。筋力の衰えだろうか。これが現実か…。年齢をいいわけにいつしか自分を甘やかした。それ以降、身体が“これでいいんだね” と楽するようになった。ということでしょうね。60歳でガクっとくる、65歳でガクガクっとくる。年齢に無闇に抗うつもりはないけれど、逆流を泳ぐ体力はキープする努力はクオリティ・オブ・ライフを損なわないためには大切です。でも、具体的にどのあたりを目指したらいいのか? もう目指さなくてもいいのか?ヒロに問いかけたら…とにかく続けること、やめないことだよ、と言われた。彼女は正しい。

 

午後から出勤。PCR検査のキットをもらって郵送する。セーフなら土曜日から宇都宮出張だ。前後の日程に余裕がないので滅多に行けない北関東を楽しめないのが辛い。夕方から編集スタジオへ移動する。急きょ決まったオリックス優勝編を遅くまでチェックする。終わったのは22時。昔はこんなの当たり前だったけど、今は珍しい。帰宅したら23時過ぎる。風呂に入りビアリーを飲んで寝る。

 

秋めいて今日は引き潮。

秋めいて色づく街路樹

京橋駅のホームから見上げたら…同じ頃、近江八幡でも…爆焼け - 1day ONEPHOTO 

夜22時過ぎの大阪駅ノースサイド、月が浮かぶ。

2022/10/03 (月) 消 え た ビ フ カ ツ

【 備忘録 】

2022/10/03 の日記が消えていた!

書いてアップした記録はある。

書いた内容も正確ではないが憶えている。

以前にもアップして、それなりに読んでもらって、いつくかの をもらった日記が、

こつ然と消えてしまったことが過去に一度だけあった。いつだったかは忘れたけど。

あった!

puyoneko2016.hatenablog.jp

前回の時にバックアップはとっておこうと書いたが、バックアップなんてとってない。

hatenaブログの運営側で何らかの理由(内容が不適切、あるいはバグ、あるいはミス)

で削除してしまったとしか思えない。

運営側が削除? ツカレタ、タベタ、ツカレタ、ノンダ、ツカレタ、トシヨリダモノ

などと書いてあるだけの平凡な内容で誹謗中傷や公序良俗に反することなど書いてない。

もちろん自分以外の人にとって価値はないが。

同じ日に映画の記事を2件アップしてるけど、その時に2022/10/03の【 日録 】を

僕が間違って消した?これをするには記事を編集モードにして、全選択してデリート

しないと消えない。記事そのものを単に削除しただけならゴミ箱に残っているはずだ。

一度、hatenaのサポートにメールしてみよう。

 

では思い出しながら【 10.03日録 】を…

・午前中にプールへ行く。体内組成を測るインボディという機器で体脂肪を測った。

 体重は減ったが体脂肪は24.6%と減ってない。

・出勤して、諸々のスケジュール調整をする。なんだかそこそこ忙しいな。

 このコントロール下の忙しさ(でもないか)は悪いことじゃないと書いたかも。

 贅沢言うなってこと。

・夕方からA部さんと天六で吞む。北浦酒店と肴やの二軒はしご。

 北浦酒店ではシーチキンエッグと名物ビフカツを食べた。

 店の大型テレビではヤクルトの最終戦、村上宗隆のホームランに注目してたが、

 吞んでる間には出ず、帰りの電車のネット情報で打ったことを知る。

・帰宅後、ソファでテレビを見てたら寝入ってしまう。目覚めて風呂に入って寝る。

 吞んだのは瓶ビール大1本、日本酒100ml、赤ワイン180ml、ギネス小グラス。

 これくらいで十分に酔う。

 缶ビール&日本酒一合 これが適量かな。

 

日記の消滅。

これは自分の記憶と同じだと知る。

記憶は断片化する。

その断片が何かの弾みで記憶の貯蔵庫から抜け落ちる。

「ああ、そんなことあった? 悪いけどまったく憶えてない。」

これと同じなんだろうな。

天六の裏路地にある。昭和の風情が濃い。

店の大型ビジョンには村神さまが…苦しんでいる。

北浦酒店は一品がそこそこボリュームあり。

名物ビフカツ 赤身肉をレアで。

この直後、この人は謎の右折、おーい、まっすぐでいいよ〜!

2022/10/04 (火) 4冊の本を手にとりながら過ごす。

水丸さんと片岡さんの本、どちらもメルカリで購入。

 

【 10.04 日録 】

2日間飲まず、昨日は飲んだ。アルコール量にして70グラム見当。純度100%のアルコールを小さなデミタスカップ半分ほど飲んだイメージになる。目覚めはちょっと悪い。というか、睡眠の質が良くない。夢を見る。飲むと決めた日もアルコール量は50グラム以下にした方がいいなと思った。缶ビール350mlと日本酒一合なら35グラム。特別な宴でもない限り、これくらいで満足出来るはず。

 

ちょっと寝坊したせいで、朝やるべきTO-DOを流してしまう。午後から「キングメーカー」を塚口へ観にいこうと思っていたが、今日はお休みとする。あす、あさってと遅めの時間にチェック仕事があるので今日の仕事は先送りにする。図書館へ行ったり、たまっている映画レビューの日記を書いて午後を過ごす。

 

図書館で借りてきた2冊

 

図書館で借りたのは藤本和子「イリノイ遠景近景」と益田ミリ「美しいものを見に行くツアーひとり参加」の2冊。ブローディガンの「アメリカの鱒釣り」の訳者である藤本さんのこのエッセイをなぜ予約したか忘れてしまった。こういうきっかけを忘れることは多々ある。遡って思い出してみる。そうだ! 解説が大好きな岸本佐知子さんだったからだ。(この人も翻訳家)と思って解説を読もうとしたら…ない! 実はこのエッセイ集、90年代に出版されたもので、なぜか最近文庫になった。その文庫の解説を岸本さんが書いている。というわけで僕の借りたハードカバーは解説がなかった。(笑)読み始めたらいきなりイリノイの平原で雑種犬と暮らす日々が描かれていて面白そう。もう一冊の益田ミリさんの本にアイデアをもらう。この人は死ぬまでに美しいもの、たとえばオーロラ、を見ようとお一人様でツアーに参加するのだが、僕も真剣に行きたいところ、たとえばノルウェイのロフォーテン諸島、への計画を、実際に行くことを想定して立案してみようではないか、と思い立った。今ならネットに情報はあふれているし、Googleマップで現地の様子をのぞき見することも出来る。いくらあったら行けるのか?交通費は?円安で現地宿泊費はどうなっているのか?ひとり旅だとしたら何をどこで食べるのか?今こそ格安のホステルを使えばいいな、とか。終日、そんな計画を立てるのも楽しいな。

 

メルカリで2冊購入した。安西水丸さん(享年71)と片岡義男さん(83歳でご健在)のともにステキなイラストや画像がたっぷり入った美しい本。珈琲やウイスキーを飲みながらパラパラ読もう。

 

 

 

こちらが最近出版された文庫本。

30年前の本がなぜ今になって文庫化されたのか?

何か理由があるのだろうが経緯は不明。

単に名作復刊ということか。

岸本佐知子さんがTwttterに投稿している。

このたびちくま文庫よりめでたく復刊された藤本和子さんのエッセイ集『イリノイ遠景近景』に解説文を寄せました。名翻訳者にして盗み聞きの達人、けっこう毒づいたりもする藤本さんの魅力が全開の一冊です。ぜひお手に取ってみてください!

 

こちらが図書館で借りたハードカバー、1994年の初版本。

【 P&Kシネチャット】 #2 『シルバー・スケート』@ Netflix 

2本目も Netflixの配信映画「シルバー・スケート」(原題Silver Skates)

https://www.netflix.com/title/81418071

 

舞台は帝政ロシア、時は1900年。

それだけで興味津々。

ズバリ「1900年」というイタリア映画があった。

監督はあのベルトリッチ。

日本で言えば明治33年、日清戦争と日露戦争のあいだ。

どんな時代だったか、イメージが湧きにくい。

とにかくこの時期にロシア映画…!!!

プーチン支配の悪の帝国みたいに思われてるロシアの映画です。

2022/8/28観了

貧乏な暮らしをしていたマトヴェイ(フョードル・フェドートフ)は、あることをきっかけに仕事をクビになってしまう。途方に暮れている中、スリ集団のリーダー、アレックス(ユーリ・ボリソフ)からスケートスキルを買われ、金持ちから金品を盗むことで生計を立てる生活へと一変。そんな中、上流階級の勤勉なアリサ(ソーニャ・プリス)と出会い、マトヴェイは恋に落ちていきます。1899年のロシアを舞台に美しい白銀の世界の中、スケートで颯爽と繰り広げられるアクションや、当時の華やかな上流階級の衣装など見所満載。監督: ミハイル・ロックシン 出演:フョードル・フェドートフ(マトヴェイ)、ソーニャ・プリス(アリサ)、ユーリ・ボリソフ(アレックス)、キリル・ザイツェフ(アルカディ)、アレクセイ・グスコフ(ニコライ)、ほか 

2020年 ロシア映画 Netflix

映画『シルバー・スケート』ネタバレあらすじ結末と感想|映画ウォッチ

 

とにかく冬のサンクトペテルブルクの街が美しい!

舞台設定、キャスト、ストーリーテリングを含め、僕は大満足でした。

完璧なエンタメ系の傑作です。

帝都サンクトペテルブルク 冒頭のこの映像で心を奪われる。

市街地を流れる運河が凍ってマーケットになっている。

人々はスケート靴で往来する。

 

【 P&Kシネチャット】がこちら。

アキ・カウリスマキの話に脱線してしまいました。

 

 [ ぷ ] 久々に映画らしい映画を堪能しました。

     映像もストーリーも役者も素晴らしいけどベストアクトは

     真冬のザンクトペテルブルクの街と凍った運河のマーケットだった。

     いい映画を教えてくれてスバシーヴォ!


[ K ]  良かったね、最後はもうあかんか〜 青年よ。

     …と思ったら回復してハートフルな終わり方やったし。

     一瞬、ハーレクインロマンス?と思ったけど。

 

[ ぷ ] リアリズムじゃないからね。

      舞台やミュージカルにもなりそう。

 

[ K ]  サンクトペテルブルク。

     今、行きたいNo.1都市だけど 😟

                   いつの日か行けるかなと。

       私的に刺さったのはぽちゃぽちゃした召使いの未来の旦那さん占いと、

     主人公のお父さんにホットミルク出したら「膜、取って」と🤣

     久々にあの油脂の膜、感触思い出して笑えた。

 



[ ぷ ]  さすがに今は凍った運河の市場はないみたいだ。

 

[ K ] 観てたら、、行きたくなるけどな。

    ネトフリで、ドラマでずーっとロシアの帝政もの観てた。

    女王様の話、ピョートル大帝やら。

    エカテリーナ、このドラマも面白かったよ。

 

[ ぷ ] 僕は未だレニングラードという名前のイメージが強い。

      州名はいまもレニングラード州なんだね。

     ロシア小説、ドストエフスキーはほどんどこの街が舞台。

 

[ K ]  レニングラード?

    レニングラードカウボーイズの?

    あの映画 見た?めちゃくちゃ面白いカッコの人だらけの。


[ ぷ ] そう、そのレニングラード。

     レーニンの都。革命後に改名された。

    バンド名はあくまでバンド名だけどね。

[ K ] 内容ほぼ忘れてたけど、ツアーするんやっけ?


[ ぷ ] アキ・カウリスマキの映画好きです。脱力系北欧ムービー。

     無表情無愛想時代錯誤。

 

[ K ]  そうそう、アキ・カウリスマキや

 

[ ぷ ] 僕は「真夜中の虹」のカッコ良さと「浮雲」の哀しいユーモアが好きです。

    いまamazonプライムで観られるね。

    1時間12分! こんな短かったんだ。

    「浮雲」の冒頭のライブシーン、さみしくて最高。

    敗者三部作って。(笑)

 

[ K ]  3部作なんや、このシリーズ。

     観たかも知れんが、チェックしてみよ、もう一度。

     あんな、レニングラードカウボーイズの尖った髪の毛と尖った靴 思いつくて

     監督の人間性に、興味湧く。独特やねんなぁ。どんな人なんやろ

[ ぷ ]  ヘルシンキ、2007年に一人旅した。9月で寒かった。

     湾に浮かぶ島に動物園があった。

     船に乗って観に行ったけど、動物園にはほとんど誰もいなかった。

     …これだけでヘルシンキが表現されてるでしょ(笑)

 

[ K ] そうなんや…ヘルシンキかあ。

    フィンランド サンクトペテルブルク ノルウェー デンマーク 

    スウェーデンあたりを周る計画は、今年たてたんやけどな…。

    北欧好きの大阪の友達と。

     でも、考えてたらロシア✖️ウクライナだし。

 

[ ぷ ] でも、 実際に行くと途方に暮れて、めちゃ疲れるもんね。

    ヘルシンキへ行った2007年って50歳だった。

    いま思い出すとめちゃ元気だったな。

    50と60と70で…老化、人によるけど

 

    いま、カーボーイズ 見始めたけど、笑いがとまらん。

 


[ K ]  見始めたん?

    じゃあ、私も、も一回見始めよう。

 

    来月の課題また考えとかなあかんね。

    この前、北欧映画調べたから、またその辺りの映画ウロウロしよかな。

 

1980年だったか、二度観た記憶がある。ステファニア・サンドレッリに一目惚れ!

【 P&Kシネチャット 】 #1『ラストツアー』@ Netflix

【 P&Kシネチャット】とは…

ある夏の夜、ひょんな思いつきで始まった。

「この映画 観にいかない?」って感じで作品を選ぶ。

その課題映画を劇場や配信サービスで観る。

見終わったら「観了」(造語?)を知らせる。

二人とも観了したら、メール(LINE)チャットで感想を送り合う。

Pは僕=ぷよねこ(65)、Kは大阪生まれの東京在住の女性(59)。

Kとは若い頃、同じ映画を観たとき、僕が気づかなかった違う解釈をしてて、

何度も感心させられたことが記憶に残っていた。

感受性が貧しくなってゆく老年期、いや壮年期。

自分に水やりをするつもりで始めた。

 

 ぱさぱさに乾いてゆく心を

 ひとのせいにはするな

 みずから水やりを怠っておいて (茨木のり子)

 

[ ぷ ] 8月は2作品提案します。
      どっちか?

      Netflix「マリッジストーリー」2時間超なのでまだ観てない。

                 Netflix「ラストツアー」名優ふたりのじいさん映画1時間半でお手軽。

 

[ K ] 両方観たいけど、じゃ8月は「ラストツアー」に👌

 

1本目はNetflix「ラスト・ツアー」(原題:The Last Laugh)

https://www.netflix.com/title/80202273

2022/8/25 観了

50年前にコメディアンを引退してからというもの、バディ・グリーンはスポットライトとは無縁の生活を送っていた。そんなある日、かつてのマネージャー、アルがバディと同じ老人ホームに入居することになった。ほどなくして、アルは退屈な暮らしにうんざりし、バディにコメディアンに復帰するよう焚きつけた。そして、2人で最後の全米ツアーを敢行することにしたのである。

出演 バディ・グリーン:リチャード・ドレイファス

   アル・ハート:チェビー・チェイス

   ドリス・ラヴジョイ:アンディ・マクダウェル

 

老人たちのアメリカ大陸ロードムービー。正直、凡作だったかな。

ただクスリと笑える台詞はいくつかあった。

かつての敏腕マネージャー(80歳)と孫娘の会話。

「シービジネスに引退はない」

「ホントに?」

「引退はない。担当したコメディアンはみんな死んでる。」

瀬戸内寂聴さんが説法で何度か話してたことを思い出す。

「わたしのこと貶した人たちはみーんな死んじゃった。ざまあみろですよ。」

 

かつて敏腕マネージャーとコメディアンが老人施設で再会、

もう一花咲かせようぜ、とツアーに出るというロードムービー。

アンディ・マクドウェルが出ているので見ようと思った。

主演の二人も大御所のチェビー・チェイスとリチャード・ドレイファス。

昔を思い出して懐かしい。

 

ドレイファスはスタンダップコメディアンでジョークが字幕でも吹き替えでもよくわからない。

チェビー・チェイスといえばサタデーナイトライブの司会で有名。

スチーブ・マーティンと組んだ「サボテン・ブラザース」はめちゃ笑った記憶がある。

スチーブ・マーティンのコメディ映画も面白かったなあ。

「裸の銃を持つ男」だっけ? いや、あれはレスリー・ニールセンか。

スチーブ・マーティンで僕が好きなのは「マイ・ブルー・ヘブン」だ。懐かしい。

そういえば最近はハリウッド製のコメディ映画は全く観ていない。

昔はピンクパンサーシリーズとか、ロビン・ウイリアムス主演の作品とかよくかかってたのに。

コメディ映画のベースに容姿とか出自とかユダヤ人とか黒人とかの差別があるせいかなと思う。

もうかつての勢いはないのだろう。

ちなみに可能ならこの手のコメディは日本語吹き替えで見たい。

香港映画の広川太一郎みたいに役者が実際には言ってもないアドリブが好きなんで。(笑)

三人三様で年老いたのだ。

 

で、【 P&Kシネチャット】がこちら。

 

[ K ] ツアー行く時、何で腕時計投げ捨てたん?自由だぞって意味?

    カウボーイの街で、観客のお婆ちゃんにモノ投げつけられてた。

    その前のジョークに怒らせる意味あるのかな?

    映画の舞台は、ずーっと アメリカ大陸。

    そこが良かった‼︎
    延々と、、、何も無い。

    ホッコリ出来たよね。

    ラストも笑えたし。

 

[ ぷ ] 夏の夜は裸足であるいてみたいと思った一編でした。(笑)

    (ツアー行く時、何で腕時計投げ捨てたん?自由だぞって意味?) 

    たぶん、そういうことだと思う。

    古い映画とかドラマに同じことをする主人公がいてそのオマージュかも。

 

[ K ] なるほど、映画どこかのシーン、オマージュって可能性ね。

    それやなきっと。わざわざタイヤで踏み潰すカットも入れてたから。

    

[ ぷ ](ジョークに怒らせる意味あるのかな?)

    アメリカのこの手のジョークは??? 

    ある程度のベースの知識がないと理解不能だよね。 

    僕も意味不明、スルーしてた。

 

[ ぷ ] 老人ロードムービーってジャンルも数多くあるね。

      人生最後の旅、自分もどこへ行こうかってよく考えるわ。

     名優二人に期待値が高すぎたので、意外に平凡だったな。

    リチャード・ドレイファス、トシ喰ったなあ。

    「アメグラ」「ジョーズ」「未知との遭遇」「スタンドバイミー」他。

    80年代は売れまくってた。

    僕が好きなのはマーシャ・メイスンと共演した「グッバイガール」、

    脚本はニール・サイモン)、見た?

    

[ K ] グッバイガールは観てないわー。

    他の有名作品は観たけど、この人と繋がらなかった。記憶力ない。(笑)

 

[ ぷ ]  80歳のじいさま二人でアメリカ大陸を運転できるかな?

     いま僕が65歳で…と想像すると不安だ。

     しかも、末期ガン患者もいるのに。消える前の最後のともしび?

    

[ K ] 80歳でも、アルが健康で足腰大丈夫やからいけたんちゃうかな。

    もひとり(バディ)は、末期ガンやけど大麻?か、吸い続けてて、

    大麻て痛み止めなるってことなのかな、

    最後のツアーでアドレナリン出てるから、出来たんやろね。

 

[ ぷ ] あとアンディ・マクドゥウェルがしわしわで悲しかった。

     彼女僕より若いのに…もともと痩せてる人はそうなるよね。

     若い頃の「セックスと嘘とビデオテープ」は色っぽかったし、

     コメディの「恋はでデジャヴ」は最高にスカッと笑える。

     amazonプライムで観られるので一見を。


[ K ]「私たちは自分たちの今の状態を正しく愛し、

       年齢を恥ずかしいと思わないようにならなくては」と語る。
     ↑
    これ、インタビューでアンディが答えてる。

    この人、顔とかいっさい美顔系のプチ整形みたいなのしてないからじゃ?

    欧米人は、乾燥肌やから皆普通こうなる。

    ハリウッドの女優(今は、アジアも)いじくりまくりやからね。(笑)

 

[ ぷ ] 確かにナチュラリストっぽい。そういうことしなさそうな人。

   「恋はデジャブ」短くて、笑えて、いい気分になれるのでぜひ!

   1本目は軽めでした。これくらいがいいね。(笑)