2021/02/22 Mon. 幸福な独酌と天然温泉

7時半起床、さくっと日記を埋めてアップして、えい!と確定申告にとりかかる。

前年より70万の減収、原因はコロナなのか、年齢(時のなりゆき)なのか?

複数の要因が重なり合って、だって、このご時世だものね、で済ませてしまう。

コロナだと思えば孤立してる淋しさは消える。

でも、本当のところは…あえて結論を出す必要もないか。

昼過ぎまでに計算を終える。

還付金は30万に届かない。

今日は走らず。

 

午後から大阪へ出る。

局のフロアにあるホワイトボードに写真展「永遠のソール・ライター」の招待券が貼ってあった。

ヒロが行きたがっていた写真展で京都駅のえき美術館でやっている。

金券ショップにも売ってなかったし、メルカリでも一枚700円くらいだったからラッキーだ。

確定申告の計算を終えてるので今日はちょっと飲もう。

 

f:id:shioshiohida:20210222173810j:plain

京橋商店街の最深部まで歩いて往復する。

午後4時半、京橋の立ち飲みストリートにある「にしの」へ行く。

入り口は開け放されてカウンターには誰もいない。

この日最初の客になる。

コの字カウンターの左奥(端)、この店に来るとここに決めている。

名物の100円メニューにお目当てのまぐろやいかの刺身がなかった。

ま、いいか。

冷やの日本酒(280円)で始めよう。

店で飲むのは普通酒でいい。

常温でも熱燗でもこの店みたいに冷やしてあっても、十分においしい。

一杯600円とか800円とかする酒は家で吞むことにしている。

その値段だと3杯も飲んだら上等な日本酒が四合瓶で買える。

飲んでると10分くらいで混み出してくる。

端っこでよかった。

店を独占する権利なんてないのに最初の客として「もう入ってくんな」と思う。

軽くガンを飛ばしたりする。

相手は年季の入った常連さんたちで勝ち目はない。

僕のガンなど無視して「きのうとった?」と主人と昨日の競馬のあいさつで飲み始めている。

誰も注文なんてしない。

瓶ビールやハイボールが出される。

飲むものは決まっているのだ。

勝ち目はない。

 

前に書いたがこの店は昔「養老の滝」だった。

しかも養老の滝でも日本唯一の立ち飲みだったそうな。

20年以上前のこと。

養老の滝に入ったことはないがうっすらと記憶にある。

f:id:shioshiohida:20210222172057j:plain

看板の赤いベースは「養老の滝」時代のものだろうか

iPhoneで隆慶一郎の「時代小説の愉しみ」を読みながら一人の世界に入る。

冷えた普通酒と100円メニューのミートオムレツ。

日本酒とオムレツ、しかもケチャップ味。

眉をひそめる人がいるかもしれんけど僕はありなのだ。

挽肉と玉ねぎが入ったオムレツは懐かしい味。

同時に注文した下足の唐揚げも30秒遅れで出てきた。

この2品で一合の酒のあてにする。

f:id:shioshiohida:20210222164639j:plain

冷たい日本酒280円とミートオムレツ100円

f:id:shioshiohida:20210222164725j:plain

いか下足の唐揚げ200円

日本酒の同じものをもう一杯追加する。

100円メニューからもう一品 味噌田楽と、焼き鳥のハート(心臓)と鶏皮。

焼き鳥も一串100円、焼きたては日本酒に合う。

f:id:shioshiohida:20210222170247j:plain

味噌田楽100円 こんにゃく、厚揚げ、大根 ちび太のおでん風

隣りに常連らしき初老の客が立つ。

びっしりではないけどほぼ満席。

お隣が煙草を吸い始めたので潮時だとお勘定する。

日本酒2杯と下足唐揚げと田楽と焼鳥2本とミートオムレツ。

締めて1160円也

表示価格が消費税込みというのが嬉しい。

 

もう一軒「庶民」へ行って鉄火巻きでしめよう。

立ち飲み横町を駅方面に向かうが「庶民」は定休日だった。

京橋商店街のアーケードを最深部まで行き戻る。

珈琲豆を買う。

Sameshima Coffee Roastery ANGLER アングラー【公式】

鉄火巻きでしめる、という思いこみ。

少しほろ酔いになると思いこみを諦めきれない。

もうひとりの自分がアカンなと思っても鉄火巻きを食べるまで帰れまテンだ。

ならば、久々に天満の「大安」へ行ってみよう。

A部氏情報によると前からいた店長がやめてスタッフが入れ替えになったらしい。

僕が行ったのは去年の7月、もしかしてその頃には入れ替えしてた?

行ってみた。

なかなか充実したメニューです。

でも、鉄火巻き一択です。

f:id:shioshiohida:20210222181228j:plain

熱燗380円と鉄火巻き500円

f:id:shioshiohida:20210222180957j:plain

一択と書いておいて実はもう一品 豆腐と薄揚げの炊いたん350円

店の奥で女性3人が大騒ぎしながら飲んでいる。

酒を飲むということは楽しくバカ騒ぎしながら飲む。仕事の愚痴を吐き出す。説教するされる。

つまりはそういうことで、一人静かに飲むなんて明らかに少数派なのだろうな。

夜の街で全員がだまって独酌してたら可笑しいもんね。

 

 

今日のもうひとつ楽しみ。

ゆったりと広い風呂に入りたい。

天然温泉だったらなおいい。

西宮駅に着いてから今津温泉へ行こうかと思っていたが月曜定休。

どうしよ、と思ったが、そうだ、双葉温泉があった!と思い出す。

今津温泉より近いし、何より帰り道の方向だ。

うきうきしてブロンプトンで双葉温泉へ向かう。

f:id:shioshiohida:20210222195307j:plain

天然温泉です! 六甲山が水源の温泉です。

f:id:shioshiohida:20210222195330j:plain

2004年に県立病院に入院してるときもこっそり来た。

天然温泉の浴槽だけにつかる。

屋内にひとつ、露天がひとつ。

露天は銭湯にしては最大級の岩風呂、これが銭湯料金420円で入れるのはお得、というか最高。

ひさびさにゆっくりとつかり温まる。

露天でずっと文庫本を読んでいるオヤジがいた。

何の本を読んでるのかがすごく気になった。

西宮市内には意外にも天然温泉の銭湯が何カ所かある。

双葉温泉 - 西宮|ニフティ温泉

浜田温泉 甲子園旭泉の湯(きょくせんのゆ) - 西宮|ニフティ温泉

大箇温泉 宮泉の湯 - 西宮|ニフティ温泉

今津温泉 - 西宮|ニフティ温泉

クア武庫川(むこがわ) - 西宮|ニフティ温泉

すべて自転車圏内。

ほとんどが水曜か木曜休みだけど、今津温泉が月曜休みなのでどこかしら開いている。

西宮ではないけど一番近いのはここ。

芦屋市立あしや温泉 - 西宮|ニフティ温泉

他にも芦屋浜に「水春」や、今津に「一休」、鳴尾に「熊野の郷」とスーパー銭湯もある。

いまグンゼスポーツを休会してるので大きな風呂に入りたければ帰りに寄るのも楽しい。

寒さもゆるんできそうだしね。