2020/08/03 Mon. 勇気をだして coral kitchen at cove

きのうiMacで映画を見てて遅めに寝たせいで起きたら9時だった。

エアコンをおやすみタイマー1時間にしてオフったけど、夜中にも明け方にも目が覚めなかった。

起きなかったのはいいことだけど、寝坊は誉められたものではない。

体重は71.15キロと微増。

コロナのことを書くつもりでメモしてたけど、ストレスになるだけなのでやめた。

昼前にプールへ行く。

梅雨が明けて猛暑だというがあまり外に出てないので実感はない。

暑い夏に向けて「暑熱順化」で汗を上手にかける体に|

 

8月はまだ電車にも乗っていない

ひさびさに京都へ吞みに行こうか、とも思ってたが独酌のモチベーションが上がらない。

無理やり行くものではないとここは自然に任せる。

谷六かいわい、空堀商店街に良さげな店があると知って行ってみたい。

セルジオやA部氏ら数少ない酒友を誘うが都合が合わない。

映画「パブリック 図書館の奇跡」を観ようと思い立った時は時間が合わない。

ちぐはぐな月曜日。

せめて一歩だけでも前に進もう。

請求書を2通書いて投函する。

ビーフンを買い行く。

夏休みの課題映画(配信)10本を選ぶ。

もうひとつ何かやりたい。

そうだ、at COVE へ行ってみよう!

 徒歩圏内の極近サマーリゾート。

f:id:shioshiohida:20200804000844j:plain

1984年 第一刷発行「普通の生活」、ロス五輪の年か……。

午後4時前、トートバッグに何冊かの本とタオルを放りこむ

ヘリノックスのチェアとiPhoneとSONYのコンデジとドライアイ用の目薬とワイヤレスイヤホン、

思いついてスイミングパンツとゴーグルとスポーツクラブの会員証、最後に財布を入れる。

あそこへ行くなら、その前にプールで一泳ぎしてさっぱりしたい。

グンゼで200mだけ泳ぎ、シャワーを浴びてあそこへ行く。

ジョギングコースの途中にあるカフェレストラン。

かつて堀江謙一がヨットで密出国した古い方の西宮ヨットハーバーの近くのエリアにある。

そのあたりにウエイクボードの練習施設があって、何軒かのカフェとショップが集まり。

そこだけ借りてきたような湘南とか須磨とかにあるそうな海の家みたいになっている。

よく言えばウエストコースト、ノースショア、オキナワ風なのだ。

ちょっと小っ恥ずかしいくらいに。

でも、ひそかに思っていた。

平日の午後、空いている時間帯にふらりと行ってビールでも飲みたいな、と。

自転車で3分、歩いて10分のオーシャンリゾートの疑似体験。

 

Coral Kitchen at cove (入江のコーラルキッチン)が店の名前。

ここ数年、夏になると一度行ってみようと思い続けて行けなかった。

どこか気後れしてしまう。

3年前の台風の時、高潮で海没したり、施設が壊れたり、かなり被害を受けたらしい。

自力で立ち直ったというニュースは聞いていた。

何もすることがない日、行くなら今日だ。

 

f:id:shioshiohida:20200803175528j:plain

 

徒歩圏内 入り江 cove の非日常

プール上がりで立ち寄る。

店は2階部分だ。

午後4時半、プールのあるオープンデッキ風のスペースに4人くらいのグループと初老のカップル。

エアコンの効いた屋内の広いスペースにママ友と子どもたちのグループがいた。

「ビールだけでもいいですか」「はい、どうぞ」

「外は暑いかな?」「ま、少し湿気がありますね」

西宮浜へ沈もうとしている太陽は雲が遮っているし海風が吹いているのでそれほど暑くなかったが、

なんとなく一人でプールサイドのソファに座るのは臆してしまう。

ママ友グループから遠い窓際にある4人掛けのテーブルにする。

ゆったりして肘掛けのある椅子と広いテーブル、悪くない。

目線の先にテラス越しに六甲の山並が見える。

目の前には冷えた生ビール(700円)。

ここが徒歩圏内?

いいね。

 

f:id:shioshiohida:20200803170029j:plain

ビールはプレミアムモルツ、香る青いプレミアム。

景山民夫「普通の生活」にあこがれて

ふと思いついて本棚から持って来た景山民夫の「普通の生活」を読み始める。

今読んでいる本と何を持っていこうか迷った。

安西水丸さんの娘カオリさんのエッセイ、あるいは片岡義男の小説…。

片岡義男はちょっとハマりすぎて自意識が照れた。

「普通の生活」は正解だった。

朝日新聞社から1984年10月発刊、たしかBRUTUSの連載だと記憶する。

1984はロス五輪の年、東西冷戦も続いていた。

アメリカの大統領はレーガン、ソ連の書記長はチェルネンコ、日本は中曽根康弘。

誤解を恐れずに書くと、よかったなあ、この頃の日本、この頃の世界。

無反省に言わせてもらえば80年代後半から90年代はサイコーでした。

僕は若く健康で、自由業なのに仕事の心配もなく、景山民夫のこんなエッセイを読んでは、

あとさき考えず衝2週間くらいの休みをとって、HISで動的にエアチケットを買った。

ボルネオやマレーシア、スコットランドやアイルランド、ハワイ島、アラスカ…。

 

生ビールはすぐに温くなる

もう一杯、ジムビームのハイボールを注文する。(700円)

お、冷凍レモン氷替わりにした氷結レモンがある。

次はこれと差し替え氷結レモンにしよう。(700円+500円)

基本、センベロ立ち吞みベースの金銭感覚なので。(笑)

 

PayPayで払って出る。

曇っているがいい海風が吹いている。

マックスバリュでビーフンなどの買いもの。

缶チューハイを一缶買う。

また海辺へ戻り、ヘリノックスに坐って飲む。

絶え間なく潮風が頬をなでる。

 

勇気を出して入った。

この夏は基本ステイホームだろうから、また気分転換に来ようかな。

 

夕ごはんはカレー焼きビーフン。

この夏は米粉麺がマイブーム。

早い木曜の朝は目玉焼きのせの汁ビーフンにしよう。

f:id:shioshiohida:20200803200257j:plain

カレー焼きビーフン 目玉焼きはデフォルト

 

f:id:shioshiohida:20200804114240j:plain

ジョギングコースから眺めていたコーラルキッチン at cove   coveは入江の意味

f:id:shioshiohida:20200804114345j:plain

左の道がジョギングコース

f:id:shioshiohida:20200803172029j:plain

店から眺めるジョギングコース、新鮮です。

f:id:shioshiohida:20200803172037j:plain

プール付きの西海岸風BBQスペース

f:id:shioshiohida:20200803172045j:plain

小っ恥ずかしいけど…向こうに見える僕の日常風景

 

f:id:shioshiohida:20200803172427j:plain

2杯目のハイボールはこんな容器に入ってる

f:id:shioshiohida:20200803183103j:plain

買いものを終えてまた海辺にやってきた。

f:id:shioshiohida:20200803184551j:plain

ビーチを歩く人々を描いてみた… 嘘です。絵画モードの写真加工。

f:id:shioshiohida:20200803192229j:plain

ゴロ寝用の長座布団が届いていた。これがわたしの日常です。