2020/06/19 Fri. Here comes the sun

セルジオのブログ「風屋敷日録」にビートルズの Here comes the sun のことが記されていた。

アメリカの病院でコロナ患者が回復して人工呼吸器が外されるときにこの曲が流されたという話。

このジョージ・ハリスンの歌はビートルズのアルバム「アビー・ロード」に収録されていて、あまり気にもとめることもない歌だった。ジョージらしいシンプルできれいな旋律の歌という思いしかなかった。(「風屋敷日録」2020/6/18

僕はビートルズを初めて真剣に聞き込んだのが「アビーロード」だった。

B面の冒頭に収められていたHere comes the sun は大好きな曲のひとつだ。

もしかしてビートルズナンバーで一番好きな曲かもしれない。

ビートルズの曲って世界中でそれぞれパーソナルに記憶されてて、そういうものかもしれない。

何よりもあの乾いたアコースティックギターのイントロが耳に心地いい。

セルジオも書いているように改めて聞くとその歌詞に心が動く。

リミックスされて音質も素晴らしいこの動画に日本語訳もある。

https://www.youtube.com/watch?v=KQetemT1sWc

🎵 長くてさみしい 寒い冬だったけど 何年も月日が流れたように感じるけど

  ヒア・カム・ザ・サン  ほら陽がさしてきただろう もう大丈夫だよ

自分が患者になったことを想像すると涙が出そうになる。

同時にこの歌をよく聴いた頃、暗くて湿った金沢の冬を思い出す。

あの頃は春になると毎年のように旅に出た。

ニーナ・シモンのアルバムにもこの曲が入ってたなあ。

https://www.youtube.com/watch?v=T9gMsdNQSUM

 

朝、雨が上がる。

六甲山に低い雲がまとわりついて流れていく。

体重が72キロ台に増えた。

先週の木曜日もそうだった。

木曜は朝早くて3食がっつり食べてしまうからだと思う。

 

f:id:shioshiohida:20200619153704j:plain

シモツケソウとイブキトラノオ、伊吹山の山頂に咲く花だ。

雨も上がったし、思い立って六甲高山植物園へ行くことを決めた。

雨上がりの植物園というのもいいかもしれないと。

タイムズカーシェアを予約、平日なのに結構予約がついている。

初めての香櫨園駅のステーションで14時から4時間、MAZDAデミオを借りる。

北山植物園、鷲林寺を越えて盤滝トンネル分岐から山登りにさしかかるあたりで雨になる。

下界は降ってなくても山は降っていた。

道沿いに白い花が咲き誇っていた。

なんだろう?

調べたらウツギだった。

ウツギというと信州や東北の山で見たピンクのタニウツギ、

あるいは芦屋浜の公園に咲くハコネウツギしか知らなかった。

高山植物園は雨だった。

こんな日でも数組の客がいた。

すぐにいなくなり、ほぼ貸し切りで雨の植物園を愉しむ。

緑したたり、山の霧が立ち、花が咲く園内を歩くのはそれなりに気持ちいい。

雨でも睡蓮やコウホネなど水の上の花は元気だ。

コマクサ、ササユリ、シモツケソウ、ニッコウキスゲ、コアジサイ。

もしかして今シーズンは夏山は行かないかもしれない。

今季は一期一会かな。

 

f:id:shioshiohida:20200619190628j:plain


17時過ぎに帰宅。

西の空が明るくなってきた。

 Here comes the sun だ。

 

 

f:id:shioshiohida:20200618170423j:plain

f:id:shioshiohida:20200619132330j:plain

朝の六甲山、たなびく低い雲の演出がいい。

f:id:shioshiohida:20200619162534j:plain

六甲山の道路沿いにたわわに咲き誇る白い花、卯の花(ウツギ)でした。

 

f:id:shioshiohida:20200619151327j:plain

営業再開した六甲山高山植物園、体温測定とマスク着用だそうで。

f:id:shioshiohida:20200619151345j:plain

オオヤマレンゲが園外に咲いていた。大峰あたりに咲く野生種よりも大きい。

f:id:shioshiohida:20200619152521j:plain

きょうは車なので久々に ひだねこ を連れてきた。

f:id:shioshiohida:20200619151947j:plain

ニッコウキスゲが咲く。一日しか咲かないのに雨の日に咲いてしまった。

f:id:shioshiohida:20200619152535j:plain

f:id:shioshiohida:20200619152049j:plain

雨の日、スイレンが咲き誇る。

f:id:shioshiohida:20200619160145j:plain

コウホネの他にも小さな黄色い花も咲いていた。

f:id:shioshiohida:20200619152719j:plain

コアジサイでしょうか。

f:id:shioshiohida:20200619152824j:plain

ヒマラヤの青いケシは少し遅かった。花はしなびてました。

f:id:shioshiohida:20200619153042j:plain

ヒマラヤウバユリ、猛々しい。

f:id:shioshiohida:20200619153308j:plain

コマクサがそれらしい場所に咲いている

f:id:shioshiohida:20200619154047j:plain

紫陽花の季節です。

f:id:shioshiohida:20200619153850j:plain

エーデルワイス、薄雪草という名前の由来がよくわかる一枚

f:id:shioshiohida:20200619154622j:plain

雨に煙る森、木道の両脇にはクリンソウが咲いている…はずでしたが遅かった。

f:id:shioshiohida:20200619162304j:plain

ササユリ、4年前の赤兎山以来でしょうか。

f:id:shioshiohida:20200619155653j:plain

睡蓮池のほとりでコーヒーを飲む。

f:id:shioshiohida:20200619155744j:plain

当然、こいつも同伴です。

f:id:shioshiohida:20200619162152j:plain

雨の日の山小屋の雰囲気もいいですね。