2020/02/12 Wed. モハベからカタリーナへ、そして断捨離。

体重71.80キロ、重い。

誕生日は去年並の69キロ台で迎えたかったけど無理そうだ。

去年が69キロジャストだったから、せめて70.50くらいで迎えたいな。

 

iMacのOSをアップデートした。

モハベから最新のカタリーナへ。

f:id:shioshiohida:20200212163053j:plain

 

アップしたがテキスト変換で時折出る虹色マークのグルグルは変わらない。

突然のフリーズも同様にときどき起こるかも知れない。

メモリの問題なのかな。

不意に固まる。

特に負担をかけるような処理でなくとも単にアプリを起動させたり、

外部メディアからデータをコピーしたりするときに前ぶれなく起こる。

いまのところ強制終了ですぐに復帰出来るので特に問題はないが、手間がかかる。

 

天気がいいうちにゆるジョグ。

バスケットコートまで3.5キロ。

これは夏用に設けたコースだから冬場はもう少し距離が欲しい。

設定を下げてしまうと人は低きに流れる。

 

きょうはRX100Ⅲを持って走った。

f:id:shioshiohida:20200212102455j:plain

今日の午前中までは青空らしい。匂い立つロウバイ。

f:id:shioshiohida:20200212105511j:plain

ことし、六甲は一度も白くなっていない。

f:id:shioshiohida:20200212105915j:plain

 

午後、珈琲豆を買いにだけロードバイクで走る。

スペシャリティ珈琲の店は近所にいくつかある。

距離でいえば遠いところから、

三ッ豆珈琲(苦楽園) 3.2キロ

エヴィアン珈琲(芦屋)2.7キロ

ゆげ焙煎所(市役所線)2.6キロ

しくも珈琲 2.2キロ

カフェFIELD 1.7キロ

一度も言ったことのない「しくも珈琲」へ行こうと思ったが火曜と水曜は休みでした。

一番近いカフェFIELDでグアテマラを100グラム買う。

でも、850円高いよなあ。

これで5杯くらいだから一杯170円くらいする。

必ずしも味わいは値段に比例しないし。

カルディにエチオピア・イルガチェフがあれば半分くらいの価格。

まさに嗜好品。

f:id:shioshiohida:20200212161234j:plain

Field は浅煎りが売りです。

 

元気なうちに生前整理(終活)、断捨離の手始めとして写真に手をつけてみた。

いつも衣類や本から始めて疲れ果てて写真や日記までたどり着かない。

思い出を整理、処分するというのが終活のテーマだ。写真の処理には意味がある。

写真は押し入れ用のボックス一つに収まっている。

その中に独身時代の旅のアルバムやプリントそのままが放りこまれている。

当時は旅やイベントでもない限り日常的に写真を撮ることはなかった。

それでもそこそこある。

一通り見てチェックする。

f:id:shioshiohida:20200212185909j:plain

おそらく15年くらいは見返すことのなかった写真たち、サヨナラを言おう。

f:id:shioshiohida:20200212191209j:plain

それぞれの旅に自分が映っている写真数枚あればいい。

f:id:shioshiohida:20200213000254j:plain

こんなふうにデジタルファイルになればいいけど…思いきって捨てよう。

 

先ず、どこを撮ってるのかわからないような風景写真は要らない。

ひとつのイベント(旅)に数枚残せばいい。

1.  選別 保存と廃棄 アルバムそのものは全て廃棄

2.  保存はボックス小に入る枚数。

3. 結婚後の紙焼き写真はヒロに選別を任せて大部分は廃棄する。

4. 記念日に見て楽しむくらいにいくつかをアルバム化する。

5.  余裕があればスキャナーをレンタルしてファイル化。

 

ちょっとしんどいけど最初のPHASEをやりきってしまえば、巡航ペースになり、余裕も出来る。

最初の一週間、最初の一ヶ月は我慢して続けよう。

たとえば、5月から日本一周の旅に出る、そんなつもりで終活をやり切れ。

夜、この週末までのスケジュールを立てる。

amazonオリジナルの「日本をゆっくり走ってみたよ」の#10と#11を観る。