2017/12/30 冬来たりなば春遠からじ

また寝坊した。

終盤にゆるむというのは自分の短所だと思う。

いわゆる最後の粘りがない。

詰めが甘い。

そういうスポーツ選手もいる。

大成はしないし、尊敬されない。

最後まで諦めないのは強い心が必要だ。

アメトークの“諦めない心” はちょっと違う。(笑)

僕は…最初につまづくとやる気が失せてしまうタイプだと思う。

マラソンでも同じ。

先手必勝、スタートが肝腎。

これは信条としてこれからも心したい。

f:id:shioshiohida:20171230114320j:plain

 

宝塚ハーフから走ってない。

一週間のブランク。

電車に乗ってばかりいる。(笑)

きょう、エイ!とばかり走る。

穏やかな冬の光、少し息が切れるくらい。

気持ちいい。

f:id:shioshiohida:20171230115347j:plain

 

おじいちゃんと孫たちだろうか。

赤いダウンパーカーが鮮やかだ。

f:id:shioshiohida:20171230120229j:plain

 

夙川沿いの桜(ソメイヨシノ)の木、すっかり葉は落ちて冬木立。

すでに新芽が確認出来る。

まだ、開花までは三ヶ月ある。

じっくりと滋養を貯めて花開く準備をするのだ。

f:id:shioshiohida:20171230114413j:plain

 

対岸の梅林はすでに紅梅のつぼみが出ていた。

こちらはあと3週間もすれば咲くのかもしれない。

“ 冬来たりなば 春遠からじ ”

こういうときによく引用される英国の詩人シェリーのフレーズ。

ただ原文は“ If Winter comes, can Spring be far behind ? ” と疑問符つきだ。

冬が来たのなら、春はそんなに遠くにはいないよね、でしょ? てな感じだろうか。

誰かが漢文調に名訳したので多分に教育的な句になってしまった。

f:id:shioshiohida:20171230114954j:plain

 

午後から梅田へ出る。

大阪駅を下りたら人の波、若者が多い。

すでにバーゲンが始まっている。

尼崎で「8年越しの花嫁」を観ようかと思ったが間に合わず。

ロフトでほぼ日手帳の2018年版を買い、無印良品で小物を買い西宮へ戻る。

f:id:shioshiohida:20171230152506j:plain

 

フィミマでうずら玉子の燻製を買う。

これでポテサラを作ってもらうのだ。

ジャパンで安売りのウイルキンソンとラミーとフィリピン製のアカシアの木製ボウルを買う。

帰宅して夕食。

自家製ミニピザとカルボナーラ。

f:id:shioshiohida:20171230185122j:plain

 

アメトークで運動神経悪い芸人を観て腹筋を鍛える。

やっぱヒザ神とガチ王と川田裕美のスキップだな。