2016/12/26 …と わたし。

珈琲とアッポーパイとわたし。 

f:id:shioshiohida:20161226082939j:plain

 

…と わたし。に特に意味はないですけど。

きょうはこのままいきます。

きのう南芦屋浜のル・ヒロで買ったアップルパイ。

シナモンの香りが食欲をそそります。

ああ、また沖縄のジミーのアップルパイが食べたい!

あれはお取り寄せ出来ないもんな。

さすがのamazonでも売ってない。

冷凍保存すると美味くなるのだった。


朝ジョグ、4キロだけ走る。

雨が降りそうだなと思って出ると雨。

キャップをとりに帰る。

河口に冬鳥たちがたたずんでいた。

ただたたずんでいたわけではあるまい。

食餌なのか、休憩なのか。

 

マガモとユリカモメとわたし。

f:id:shioshiohida:20161226105535j:plain

 

冬のユキヤナギとわたし。

f:id:shioshiohida:20161226110220j:plain

 

ユキヤナギはこんなに色づくのか。

当然、葉は落とすのだろうな。

ユキヤナギがそんなこと(黄葉〜落葉)をしているとは気がつかなかった。

自然のいとなみの大部分は僕らの気がつかないところで淡々と行われている。

 

春のユキヤナギとわたし。

f:id:shioshiohida:20150324105922j:plain

 

冷凍庫の整理、処分だと今朝は豪勢なお重だった。

赤だしが嬉しい。

 

焼き穴子重と赤だしとわたし。

f:id:shioshiohida:20161226114518j:plain

 

スエーデンの同い年の主人公とわたし。 

「幸せなひとりぼっち」@リーブル梅田

いろんなものが詰まった佳作だった。

映画を見ながら考えがいろんな場所、いろんな時間に飛んだ。

 

スエーデン映画といえば最近では美人ジャズシンガーを描いた「ストックホルムでワルツを」、

若い頃に観た「マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ」が印象に残っている。

この映画の存在すら知らなかった。

手引きをしてくれたのはまたしても「特別な一日」でした。

予告編を見た。

オーヴェ 59歳、って字幕で見ると決めた。

北欧の同輩がどんな人生を送っているか。

妻に先立たれ、会社もクビ、人生どん底 と字幕がたたみかける。

 f:id:shioshiohida:20161227082653j:plain

 

「特別な一日」が背中を押してくれた映画をことし何本見ただろう。

『LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版』『ズートピア』『SCOOP』

そして、『この世界の片隅で』か。

特に『LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版』はブログで読まなかったら絶対に

見逃してた映画、自分の中ではことし豊作と言われる邦画の中ではベスト3に入る。

ヒロイン役の石井杏奈も発見だったし、あの「しあわせ運べるように」が新鮮に聞こえた。


そうそう、この映画の話でした。

言いたいことはここに書いてある。

傷ついた大人たちのお伽噺:映画『スモーク デジタルリマスター版』と『幸せな一人ぼっち』 - 特別な1日(Una Giornata Particolare)

リーブル梅田で「スモーク デジタルリマスター版」を31日から見られる。

これもマスト。

 

で、「幸せなひとりぼっち」

北欧に住む僕と同い年の主人公。

嫌なヤツだ。

嫌なヤツだけど悪いヤツじゃない。

自分もこういう生き方をしたかったのかもしれない、なんてとんでもないことを思ってしまう。

同じ年に生まれ、同じ時代を、違う国で過ごしてきた。

それだけで心が動いてしまう。

なにか大事なことが頭の片隅に浮かんでは消えていった。

晩年、死、運命、幸福感、多様性、寛容、ノスタルジー、言葉に出来ない。

片隅に浮かんだものがなにかを思い出せない。

オーヴェ、幸せな五十九歳。


不機嫌じいさんが…!映画『幸せなひとりぼっち』予告編

 

映画を見終わってiPhoneをオンにするとDaiさんからメールが入っていた。

大阪のどこかで吞んでたら…とのこと。

フリーマンです。どこですか? と返信してユニクロでセーターを物色してると、

新梅田食道街北京にいると返信が届く。

大分は日田のブルースマンを紹介してもらう。

日田弁がアメリカ南部の英語に聞こえるのだそう。

なるほど。

 

大分日田出身のブルースマンとわたし。


コージー大内/角打ブルース


コージー大内「Bluesん奴隷」


コージー大内「大鶴村のサイレン」