読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017/5/2 笑う風景の中で

朝7時に起床、快晴。

起き抜けに見た六甲山が笑っていた。

山笑う は初夏(春)の季語だったか。

夏は山したたる、秋は山よそおう、冬は山ねむる。

  春山淡治(たんや)にして笑うが如く、

  夏山蒼翠(そうすい)にして滴るが如く、

  秋山明浄(めいじょう)にして粧うが如く、

  冬山惨淡(さんたん)にして眠るが如し

                     「臥遊録」

f:id:shioshiohida:20170502110426j:plain

 

山だけじゃなくて里や街も心地よい日差しを浴びて笑っている。

ニコニコと微笑む風景の中 ジョギングするのは最高の気分。

香櫨園浜のハマナスが咲き始めていた。

f:id:shioshiohida:20170502112232j:plain

 

 シュロの高木が並ぶビーチウォーク。

ぽっかり空いたスペースに新築の建売住宅。

ここにかつて菊池貝類館があって、その庭のニセアカシアが今頃たわわに花を咲かせていた。

アイボリーの花から芳しい香りがこのあたりに漂っていた。

風景と芳香の欠落。

 

f:id:shioshiohida:20170502112019j:plain

 

                                   2015年4月30日撮影

f:id:shioshiohida:20150430111103j:plain

 

フレンチ ラベンダーの紫。

f:id:shioshiohida:20170502112119j:plain

 

ハマナスの紅紫。

f:id:shioshiohida:20170502112220j:plain

 

このミニサイズのシュロも見上げるような高木になるのだろうか。

葉陰にチェアを置いて缶ビールでも飲みたいな。

f:id:shioshiohida:20170502112310j:plain

 

芦屋中央綠道の桜並木。

植垣のツツジの花がじわじわと咲き始めている。

f:id:shioshiohida:20170502113131j:plain

f:id:shioshiohida:20170502113408j:plain

 

高層団地のニセアカシアも少しずつ花をつけ始めている。

f:id:shioshiohida:20170502114145j:plain

 

f:id:shioshiohida:20170502121849j:plain

 

MEMO:眼鏡(遠近両用)をピックアップ 編集2本分の✅️ 9時過ぎまでかかる

    カップヌードル味のごはんカップ フジヤマドラゴンカレー