2019/3/7 皿盛り一本勝負

2月〜3月は京都づいている。

車いす駅伝中継と瀬戸内寂聴さんの取材&ライブ中継

春は京都、かのかもしれない。

思えば去年2018年はあまり京都へ行かなかった気がする。

これも縁、せいぜい早春の京都を愉しもう。

 

ときどき食べたくなるものに皿盛りがある。

京都の三条京阪にある篠田屋食堂にしかない。(と思う)

カツカレーなんだけど、カレーが和風でとろみが強い。

要するにカレー丼を皿に盛ったもの。

トッピングの豚カツはカリカリで肉はほとんどない。

クリスピーと言えばクリスピー。

嫌いじゃない。

f:id:shioshiohida:20190307163952j:plain

 

ご飯はそれほどの盛りではないけど腹一杯になる。

次からはご飯少なめにしてもらおう。

 

打合せを済ませてHAYASAKABAで2杯飲んで地下鉄烏丸線で京都駅へ下る。

京都駅の地下で鶏卵カレー饂飩なるものを見つけた。

ご飯に合うに決まっている。

そそられた。

けど、我慢しました。

カレーの吸引力はこわい。

f:id:shioshiohida:20190307215201j:plain

f:id:shioshiohida:20190307215010j:plain

 

朝は自家製ベーグルとチリビーンズ。

これにトマトジュースがつきます。

木曜はいつもより早めの出発なのでパンにしようと決めた。
f:id:shioshiohida:20190307083137j:plain

 

ナレーション録りの立ち合い。

そのままデスクで車いす駅伝の確認事項をリストアップ。

13時過ぎから仮眠室で身体を休める。

気楽な身分ですね。

贅沢して京阪特急のプレミアカーで上洛。

雨は上がったけど、すっきりしないと天気。

冷えこんできた。

かつて刑場だった三条河原。

f:id:shioshiohida:20190307165819j:plain

 

早く着いたので木屋町、先斗町をうろうろ。

小川珈琲のカウンターで本を読んで時間をつぶす。

4時半に再開店の篠田屋へ行く。

皿盛り650円。

ビールの小瓶があるけど打合せ前なので我慢する。

f:id:shioshiohida:20190307165420j:plain

f:id:shioshiohida:20190307165359j:plain

f:id:shioshiohida:20190307163952j:plain

 

三条から御池通り、寺町、二条、烏丸を通り、丸太町へ。

京都御苑西辺を北上してKBS京都へ行く。

これが蛤御門、長州が薩摩、会津の軍と激突した場所。

f:id:shioshiohida:20190307173804j:plain

 

初めて出席するラジオ中継の打合せ。

意外と短く、台本も長々となぞらずに終わる。

その後、映像関係で詰める。

外は突然の豪雨。

 

吞まない予定だったが、夜気に誘われ間之町のバーへ。

帰り道だもの。

ベルのハイボールとジンのショートカクテル。

ギブソンを作ってくれました。

「ギブソンには早すぎる」(?)

あれはギムレットですね。

2019/3/6

しっかり7時間睡眠とってるつもりなのに眠い。

また寝坊、起きたのは朝ドラ終わりだった。

どんよりと曇って午後からは雨になるという。

昨日の飲み残しの珈琲にフォームドクリームをのせてカフェラテにする。

めざめの一品はワッフル、自前のラテアートは不気味な顔。

f:id:shioshiohida:20190306085537j:plain

 

走ろうと思えば走れたのだけど朝活1h=部屋のプチ大掃除になかなか取りかかれずパス。

走らずに、衣類の整理、郵便物の処分、ファイルの整理、処分に費やす。

たまに身の回りにたまったゴミ的なものを消すと気持ちがいい。

あくまで暫定的だけど。

60年以上も人間やってると周りに山のようにものが貯まる。

これを処分&整理してリセットしたら気持ちいいのはわかってるけど作業量がとてつもなく重い。

なかなか手をつけない。

手をつけないまま死んでしまうのかも。

プールへ行くヒロとマンダイスーパーへいかなごの新子を買いに行く。

12時半、すでに完売でした。

一旦帰宅してプチ大掃除に続き。

掃除機をかけて、雑巾拭きをして終了。

気持ちいい。

 

ポスプロ編集のチェック。

北浜の r t vへ行き、車いす駅伝のテロップやCGのチェック。

6時前に終わり、北浜ダイナー、ひらやまと独酌。

ほろ酔いで小雨の中、北新地まで歩く。

今月は4勝2敗。

帰宅して、三十三間堂で撮影した素材を取りこみながら「東京輪舞(ロンド)」を読む。

2019/3/5

きょうはいかなごの新子の解禁日。

新子の釘煮を炊くのはケンミン恒例の旬行事です。

ぼくら夫婦は二人とも外様ですが10年ほど前から参加してます。

午後イチでヒロが買いに行ったけど売り切れてたそうで。

マックスバリュだけ売れ残ってたけどキロ3980円と超高値だったので明日を待つそうです。

 

少し予定より寝坊して出遅れ、朝活1hを2h以上やってて遅れ、朝ジョグが40分くらいになった。

でも、まあ、それでも、晴れた日のランニングは気持ちいいぞ。

花粉はひどいけど、走ってると汗で粘膜が濡れていくのでそれほど感じない。

f:id:shioshiohida:20190305112416j:plain

f:id:shioshiohida:20190305114106j:plain

 

白梅は満開を過ぎ、すでに花を散らしている。

f:id:shioshiohida:20190305112911j:plain

f:id:shioshiohida:20190305112937j:plain

 

リュウキンカも咲き始めた。

f:id:shioshiohida:20190305113623j:plain

 

クリスマスローズのなんとも言えない上品なライムグリーン。

植物の色合いを植物でたとえるのはダメですね。

f:id:shioshiohida:20190305115215j:plain

 

メモ:車いす駅伝の進行表、編集チェック、勤務報告、社食のカレー、帰宅してテロップ発注

   Aqua Walk カウボーイを一杯

   

2019/3/4 雨上がり世界は美しい

f:id:shioshiohida:20190304171307j:plain

f:id:shioshiohida:20190304173623j:plain

f:id:shioshiohida:20190304182917j:plain

 

2014年なんて、つい昨日みたいな気がする。

大阪駅もいまのエアポートみたいな駅舎(?)だし、

たぶん阪急百貨店だっていまの増築高層ビルだろうし、

この夜だって僕はどっかで独酌して、この横断歩道で信号待ちし、

路上ライブの歌を片耳で聞いて、視線を向けないまま、青信号になって、

電子音とともに一斉スタートして向こう岸へ渡った。

エキナカのセブンイレブンで100円コーヒー買ってたかもしれないし。

それは今だってやってることで、つい昨日でも明日でもある。

2014年 ってそれくらい身近な過去だっってのがわかる映像。

 

 

   

f:id:shioshiohida:20190304235532j:plain

 

2019/3/3 3月3日に三十三間堂

桃の節句、3月3日は三十三間堂の境内で撮影の仕事でした。

春桃会と書いて(しゅんとうえ)あるいは(もものとうえ)と読ませる。

f:id:shioshiohida:20190303125008j:plain

拝観料なしの開放日、撮影の合間に千一体の千手観音像に会いました。

何年ぶりだろうか。

ひょっとして小学校の修学旅行以来かも?

(かすかな記憶として中2、万博の時に再訪したかも)

どっちにしても半世紀近く前のこと。

千手観音は平安期、あるいは鎌倉期に作られたもので、当然、修学旅行でお目にかかった仏さま。

「おお、お前か。トシとったのう」「そうじゃそうじゃ」「ほんまによう生きてきたわ」

そんな言葉をかけられたような気がしました。

f:id:shioshiohida:20190304091914j:plain


カプセルリゾートで目が覚める。

朝風呂に入り、のんびり支度をして現場へ向かう。

空はなんとか保っている。

堀川御池から京阪三条まで歩く。

半時間早ければ 途中、小川珈琲に寄りたかった。

プランミスだ。

f:id:shioshiohida:20190303084631j:plain

 

駅構内のSIZUYAでカルネとカスクートを買い、ドトールで珈琲を買う。

駅のイートスペースで朝食。

大柄な黒人が改札付近をふらつきながら歩いている。

明らかに酔っていて、しかもくわえ煙草、その吸い殻を捨てる。

注意する勇気はなかった。

 

三条京阪から特急に乗る。

Kindleを読んでいたら七条を乗り過ごす。

次は丹波橋まで止まらない。

折り返す。

約束の時間に少し遅れる。

 

平安期のお堂は焼失、現存してるのは鎌倉時代のもので国宝。

中世の木造建築なんですね。

f:id:shioshiohida:20190303100234j:plain

 

裏側の廊下では毎年一月に「通し矢」が行われる。

f:id:shioshiohida:20190303100432j:plain

f:id:shioshiohida:20190303100343j:plain

f:id:shioshiohida:20190303112010j:plain

 

桃と白と緑のトリコロール。

f:id:shioshiohida:20190303095202j:plain

 

お堂の正面にある朱塗りの門は秀吉の時代に作られた。

ときおり雨がぱらつく中、この場所に陣どって撮影。

f:id:shioshiohida:20190303120313j:plain

 

f:id:shioshiohida:20190303125709j:plain

 

寂聴さんの話、今東光、川端康成、円地文子、遠藤周作、梅原猛、貴ノ花、宮沢りえ…。

f:id:shioshiohida:20190303130506j:plain

 

午後2時過ぎに撮影終了。

タクシーで八条口まで行き、ハマムラで遅めの昼食。

そういえば 雛うどんを食べたんだっけ。

最近、ちょっと食べ過ぎかも。

新快速に坐って帰る。

芦屋まで乗り過ごす。

きょう二度目。

 

帰宅してすぐに車いす駅伝の進行表を作ろうと思ったが睡魔に襲われる。

そうだった。

ずっと寒空に立ちっぱなしの半日だった。

年寄りはゆさぶりに弱いのだ。

 

「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」の7話を観た。

『「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」を見たから人生見つめ直した件』ということだ。

良く出来たゾンビドラマだと思った。

f:id:shioshiohida:20190304010459j:plain

このユーチューバー尾崎とぼしいの末期の動画の下りは涙が出そうで。(出なかったけど)

そんな自分の感情現出が還暦越えて人生見つめ直して改めてわかったこと。

この世界と同じく出演者にいろんなタイプがあり、人生経験とそこから出てきた答えがあり、

ゾンビに咬まれたりして、あるいは身近な誰かが咬まれたりして、人生を思う。

ドラマはそんな構造だけど、実によく出来てる。

僕は自身を尾崎とぼしいと主人公の瑞穂のハーフハーフだなと思った。

そこそこ何でも出来て、でも、勝つ自信がないから勝負しないクールを装う。

あるいは戦うことの苦痛と報酬のバランスをすぐに見切って楽な方に逃げこむ。

瑞穂のように、ひとりがいい、誰かのために泣けないし、誰かのために生きられない。

孤独でいることが私にとって何よりもふくよかな時間なんだ、と。

尾崎とぼしいが同窓会みたいな吞み会で心の中で叫んでたセリフ、そんなことも言えなかった。

「そのうち大逆転するから、今に見てなさいよ」

若い頃、少なくとも三十代くらいまでは僕も心の中で叫んでいた。

f:id:shioshiohida:20190304010552j:plain

 

2019/3/1

いくつの頃からだろう?

街に咲く季節の花を気にかけるようになったのは。

少なくとも独身の頃は春のサクラと夏のひまわりとアサガオくらいしか認知してなかった。

アカシアやクチナシやハナミズキは歌でしか知らなかった。

沈丁花や金木犀は消臭剤の香りとしてしか知らず、いつ咲いてどんな色の花かは知らなかった。

毎年、目にしているはずなのに夾竹桃や雪柳や白木蓮や辛夷は姿と形が一致してなかった。

結婚してよかったことのひとつは花の名前をおぼえたことだと思う。

 

気がつけばすっかり花の季節。

香櫨園駅北の沈丁花も咲き始めた。

梅も、菜花も、もうすぐ雪柳も、木蓮も、辛夷も、満を持してサクラも咲く。

2019年の冬はゆるく、暖冬として記録されるだろう。

今年は一面の雪景色を見ないまま春を迎えそうだ。

見ようと思えば見られた。

出不精になってるのかも、寒がりになってるのかも、多分行けば気分は晴れるのに。

そういうことが積み重なるのが加齢だと思うとかなしい。

まだ三月、雪景色 見よう。

 

f:id:shioshiohida:20190301112555j:plain

f:id:shioshiohida:20190301113805j:plain

f:id:shioshiohida:20190301112322j:plain

f:id:shioshiohida:20190301113516j:plain

 

部屋の壁のカレンダーが貼りかわった。

「3月はライオンのようにやってきて、子羊のように去る。

(March comes in like a lion and goes out like a lamb)」

 

蔡國華という画家がライオンの月に描いたのは大柄なピアニスト。
http://www.a-kukan.com/cai/

ラグビーのロックみたいな巨体、けれど絵から聞こえてくるのは

シングルトーンの繊細で叙情的なバラード。

f:id:shioshiohida:20190302162852j:plain

 

巨体のジャズピアニスト、というと誰だろう?

巨体のサックス奏者ならすぐに思い浮かぶのだけれど。

ああ、そういえば彼が…といつか思い出すのだろうな。

西直樹というピアニストもそうかもしれない。

高橋達也のリーダーアルバムで若きパートナーとして演奏したアルバムを思い出す。

若くて破滅的なイメージがあったが、今、検索するとそんな巨体でもないし、破滅的でもない。

人に記憶は当てにならない。

f:id:shioshiohida:20190303233538j:plain

 

夕方、西宮ガーデンズのフードパークで待ち合わせて、ライブコンサートへ行く。

フードコートではヒロが北極星のオムライス、僕はローストビーフカレーを食べた。

f:id:shioshiohida:20190301180122j:plain

 

うーむ、あえてオーケストラにしなくても良かったなあというのが本音。

ポップスや歌謡曲にフルオーケストラはしっくりこない。

ご贔屓の手嶌葵はいつものように緊張して声が出ない。

八神純子は還暦を迎えても声は出てるのだけどオーケストラとリズムが合わない感じがした。

ヴァイオリンの川井郁子と、シャーマン的な歌唱の元ちとせは楽しめた。

f:id:shioshiohida:20190302001855j:plain

 

2019/2/28 ひとり吞む、京都

京都のBARで、埼玉出身のバーテンダーが、秩父のシングルモルトを飲ませてくれました。

やっぱりちゃんと作ったウイスキーのオン・ザ・ロックは美味い

ストレートにだってレシピがあるのだ。

いいお酒はたまにはこんなBARでいい飲み方でやりたいな。

f:id:shioshiohida:20190228172925j:plain

 

午後4時半の洛中、一杯目はショートカクテルのピンクジン。

ロバート・キャパが愛したカクテルだっけか。

名前から甘ったるいイメージですが超ドライなお酒です。

キンキンに冷やしたジンとアンゴスチュラ・ビターズをふったもの。

香りづけですね。

とにかく冷たいジンは美味い。

f:id:shioshiohida:20190228163630j:plain

アイルランドではアイリッシュウイスキーをギネスをチェイサーにして飲むと

“こころに強い三角形ができる” なんて言われてるらしい。

何かの本で読んだきおくがある。(怪しいけど)

ただの酒好きじゃないかとしか思えないけど。

でも、なんとなくわかる。

実はきょうは京都でひとり飲もうと思っていた。

でも、体調が、というより、期待してたほど、飲みたいな って気が失せていた。

赤垣屋や、遊亀、壱、すいば などいろいろと思い浮かべたけど開店まで1時間以上ある。

だんだん疲れてきちゃう。

そこで、“こころに強い三角形ができる” を思い出す。

ちょっと強い酒精で刺激を与えてやろう。

それで元気にならず、ダメージだけなら帰ろうと。

 

で、ピンクジン。

なんか…元気になりました。(笑)

そこからウイスキーを2種類、ストレートとオン・ザ・ロックで飲む。

(何を飲んだかは追記します)

元気になったので六角富小路の立ち吞み「すいば」へ行く。

日本酒を2種類、伏見の「蒼空」と滋賀の「笑四季」うすにごり。

一人飲みに最適な量の、豚と白菜の炊いたんとか、海老芋の田楽とかで飲む。

 

 

朝から雨、朝イチでナレーション録り、昼イチで京都三十三間堂で撮影の下見。

三十三間堂、もしかしたら小学校の修学旅行以来か?

f:id:shioshiohida:20190228133826j:plain

 

京の五条の橋の上。

f:id:shioshiohida:20190228141612j:plain

 

五条大橋から上流を眺む。

鞍馬方面と右手には雲をまとった比叡。

f:id:shioshiohida:20190228141729j:plain

 

京都駅〜七条の三十三間堂〜五条大橋〜三条 WALKしました。

三条大橋西詰めのスターバックスでブレイク。

f:id:shioshiohida:20190228160505j:plain

 

 

 

f:id:shioshiohida:20190228163630j:plain

f:id:shioshiohida:20190228170545j:plain

f:id:shioshiohida:20190228172925j:plain

f:id:shioshiohida:20190228173127j:plain

f:id:shioshiohida:20190228184012j:plain

f:id:shioshiohida:20190228184125j:plain

f:id:shioshiohida:20190228190039j:plain

f:id:shioshiohida:20190228191028j:plain

 

「たすく」はきょうはお休みかな。

f:id:shioshiohida:20190228193103j:plain

 

2019/2/27 バーカじゃないの?

岩明均「ヒストリエ」全10巻を読了。

この人、画が独特で(ヘタ!)なんですが、ストーリーはいつも引きこまれる。

「寄生獣」しかり、「七夕の国」しかり。

この「ヒストリエ」はブックオフ一巻が108円で売ってたので試し読みに買ってみたら、

夫婦ともども止まらなくなってしまい、メルカリやらamazonやらで買い求めて揃えた。

でも、これまだ連載中なんですね。

「文化が違う」「バーカじゃないの?」

古代の話を現代語訳、これがいい。

f:id:shioshiohida:20190228011745j:plain

 

2019/2/26

きょうは関わっている、というかがっつり関わっているネットサイトの社内表彰の宴、

今後への決起集会的な色合いの吞み会で、なんだかサラリーマンになった気分でした。

京橋のヘブンズキッチン(どこかで聞いたことある名前)というスポーツバーです。

f:id:shioshiohida:20190226214148j:plain

 

きょうは編集チェックもあって、それまではがっつりと自宅編集。

夜の宴で流すビデオです。

結局、今回は3本作って追いこまれてしまったのでiMovieを使った。

カット編集やオーバーラップくらいなら十分だけどテロップが限定されてしまう。

次、余裕をもってプレミアプロでトライしよう。

f:id:shioshiohida:20190227125132j:plain

 

権利関係で公開は出来ないけどこの3本です。

思ったのは、やっぱり作ったものは観てもらってナンボです。

f:id:shioshiohida:20190228220712j:plain

 

帰ったらデスクにヒヤシンスが置いてあった。

f:id:shioshiohida:20190227091633j:plain

f:id:shioshiohida:20190227085213j:plain

f:id:shioshiohida:20190227105902j:plain

 

2019/2/25

還暦越えの三流ディレクターは、久々に自分で編集して、疲弊しました。

まだ終わらない。

終わりそうにない。

ええい、飲んじゃお。

f:id:shioshiohida:20190226010526j:plain

 

朝から走らずに編集に没頭する。

何を採用するか、行き当たりばったりで、つなぎながら構成を考える。

時間に余裕があればいいってもんじゃないのはわかってる。

何かの圧がないと、たぶんやらずに終わってしまう。

人生ってやっぱり別件であると再認識する次第。

f:id:shioshiohida:20190226010538j:plain

 

夕方、パーティー会場での試写のために京橋へ出る。

明けごころでビール中瓶一本で立ち吞み。

帰ってまた編集、WEB画面の撮影…深夜におでんで少し飲む。

明石屋電視台に木下サーカスの団員が出ていた。

あしたが終われば身体を休めよう。

 

2019/2/24 5年連続5度目

朝イチで滋賀大津の膳所駅まで快速で乗り換え無し。

びわ湖レイクサイドマラソンにエントリー。

編集仕事、仕事なのかは不明が忙しく出走が危ぶまれたが…5回連続5度目ということで。

お金も払ってるし、12キロだし、走ってみようかなと思った次第。

 

琵琶湖周辺、視界は少しぼやけているがあたたかくて好天。

存在感のある比叡山も、雪を被った比良の山々も見えた。

この大会のナンバーカードは二ケタ目が年代を表す。

このミニオンたちは手作り。

3匹ともに中身は五十歳代のおっさんです。

f:id:shioshiohida:20190224095826j:plain

 

f:id:shioshiohida:20190224090640j:plain

f:id:shioshiohida:20190224100950j:plain

f:id:shioshiohida:20190224090750j:plain

f:id:shioshiohida:20190224094937j:plain

f:id:shioshiohida:20190224095753j:plain

f:id:shioshiohida:20190224100547j:plain

f:id:shioshiohida:20190224101650j:plain

f:id:shioshiohida:20190224105935j:plain

 

f:id:shioshiohida:20190224110109j:plain

f:id:shioshiohida:20190224111159j:plain

f:id:shioshiohida:20190224125122j:plain

f:id:shioshiohida:20190224174329j:plain

f:id:shioshiohida:20190224174245j:plain

f:id:shioshiohida:20190224190740j:plain

 

「ゾンみつ」6話とドキュメント72時間「大阪 道頓堀で物々交換」を観た。

2019/2/23

一週間遅れの誕生日プレゼントは有田焼のマグカップでした。

といっても二十年以上も毎年プレゼントも思いつかないだろうとリクエストしました。

下半身デブで、安定感があって、飲み口は薄い素磁。

素磁なんて呼び方があるのも知らなかった。

素磁 - シンプルでモダンな器 KIHARA online store

KIHARA というブランドのものです。

いただいたワニ珈琲の豆もなくなったので、そろそろ新しい豆を買おう。

(翌日、ゆげ焙煎所でエチオピア・グジという豆とダークローストを100gずつ買いました)

f:id:shioshiohida:20190223235507j:plain

 

メモ:選手層が違う浪曲名人会 単独ジジイが多い ラグビー場にも似た 介護犬が坐っていた

   さすがの幸枝若師匠 尾張の話も河内弁

f:id:shioshiohida:20190224000523j:plain

f:id:shioshiohida:20190224013517j:plain

f:id:shioshiohida:20190223173608j:plain

f:id:shioshiohida:20190223173645j:plain

f:id:shioshiohida:20190223191047j:plain

f:id:shioshiohida:20190223191836j:plain

 

2019/2/22

やるべきことはあるのに今日はなかなかエンジンがかからない。

朝は好きなように過ごすことにする。

いつもそうしてるけど…。

そしたら本当にダラダラしてしまう。

昼前になって少しだけ走ろうと思い走り出す。

そういえば ほぼ日の「今日のダーリン」にこんなことが書いてあった。

 旅は、お風呂と同じです。
 お風呂も、入る前はついついぐずぐずします。
 入りたくないとは言わないけれど、めんどくさがる。
 でも、いったんお湯にからだを沈めたら、
 めんどくささなんか忘れて、よかったなぁと思います。
 目を閉じてためいきをついたりさえします。 

ジョギングとか、筋トレとかもそうだよな。

めんどくささという敷居をちょっと跨げば済む話しなんだけどね。

 

夙川沿いの梅にウグイス色の鳥が…!

枝から枝へ、花から花へ、ちょこまかしてよく動く。

人間のスケールであれだけ動いたらどんだけの消費カロリーなのか。

f:id:shioshiohida:20190222114530j:plain

f:id:shioshiohida:20190222113946j:plain

f:id:shioshiohida:20190222114424j:plain

 

メモ:梅にうぐいす? メジロでした。

   ヒストリエ Aqua Walk iMovieと格闘 しくみがわかってきた

 

f:id:shioshiohida:20190222114540j:plain

f:id:shioshiohida:20190222114918j:plain


f:id:shioshiohida:20190223012321j:plain

 

 公園に遊びに行ったときとか。
 こどもが、いっしょに水飲み場に行こうというのに、
 直線的にそこに行くのではなくて、くるくると、
 行って戻って行って戻って、何往復もするでしょう。
 あれを、ケビン山崎さんは「基礎代謝量が高い」と
 表現していました。
 ぼくは、なるほどなぁ、と思いました。
 犬と遊んでいるときにも同じことを感じます。
 動いて遊ぶことそのものがたのしい、という行動。
 大人は、そういうことをしなくなっています。
 やるとしたら、目的を数字で決めてそれを実現します。
 「元気だ」っていうことは、余るようなことをすること、
 そんな気がするんですよね。
 明石家さんまさんの話は、基礎代謝量が高いというか、
 ほんとうに「元気」ですよね。
 水飲み場まで何往復しているこどものような話し方です。

 ぼくの「元気の定義」というのは、ずっとこれでした。
 こんなふうにありたいと思っても、これは無理です。
 大人にとって、これは躁状態みたいなものだと思います。
 きっと、止まったらとたんに疲れて倒れる「元気」です。

 もっと、大人でも自然にできる「元気」はないか。
 ときどき、そういうテーマで考えてきたのですが、
 とうとう、見つけましたよ。
 大人でも、子どもでも、おねぇさんでもおじいさんでも、
 「元気」を感じられるのは、こういうことです。

 「朝ごはんがたのしみ」な毎日を過ごしている。

 昼でも夜でもなく、目覚めて朝の、ごはんがたのしみ。
 それほど豪華である必要はない、基本的な食事ですよね。
 それを、ちゃんとお腹を空かせて、おいしく食べる。
 しかも、時間に追われず、おちついて食べている。
 そして、もちろん、よく眠ったに決まってます。
 こういう人を「元気」っていうんじゃないかな、と。
 ぼくらは、朝めしを、たのしみにできるように、
 日々を過ごすことが問われているのではないか。
 なりたいなぁ、こういう元気な人に。
 あなたは、どうですか、朝ごはん、たのしみですか?

 

 今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
 まずは、ぼくの場合はもっと早寝するところからですね。

      (ほぼ日「今日のダーリン」2019/2/22)

2019/2/21 バジュランギ!

新タマの季節ですか。

そういえば血圧低下に効くと食べ続けたことあったなあ。

ちょっと飽きて途中からソテーにしたり、カレー味にしたりしてた。

生じゃないと効果少ないんでしたよね。

食べ始めのころは美味しくていいんですが、人間って飽きるから。

血圧を測ってみた。

117-74 正常範囲内。

玉葱が効いたのかな。


f:id:shioshiohida:20190221083357j:plain

 

朝イチでナレーション。

木曜日の常として昼過ぎに仮眠室で仮眠する。

気楽なもんです。

30分のつもりがいつも1時間以上になる。

車いす駅伝のCG原稿を1時間集中して書く。

終わったら映画を見ようと決めていた。

A部氏から続けざまに2本薦められた。

「洗骨」とパジュランギなんちゃらというインド映画。

同じ3時台に始まる。

メールでA部氏に問う。

どっちを優先すべきか?

こういうのは委ねてしまおう。

「パジュランギから。そろそろ終わりそうですし。」

リーブル梅田へ行く。

 

インドの映画を見るといつも思う。

アメリカが世界の中心だとか、日本が世界標準だろとか思うことがなんて愚かなことか。

思い上がりも甚だしい。

「バジュランギおじさんと、小さな迷子」@リーブル梅田

濃厚、色彩、圧倒的、自然美、これこそがケレン味である。

外連の何が悪い。

f:id:shioshiohida:20190222003440j:plain

 

冒頭、カシミール地方の山々の空撮に圧倒される。

K2、人を寄せ付けない魔の山だ。

この空撮(ドローン?)が見られただけでも満足。

 

出ました!

インド映画の醍醐味、神に捧げる群舞。

主人公のバシュランギおじさんはいきなり派手なダンスと歌で登場する。

この登場はまさに主役の面目躍如。

カッコいいっす。

インド映画に細身のやさ男は似合わない。

f:id:shioshiohida:20190222002745j:plain

 

地理、文化、宗教の勉強になる。

知らない国の知らない街の映画ではいつも世界を教えてもらう。

印パ国境ってあんなふうになっているのか。

恋愛、家族愛、人間愛、色彩、音楽、ダンス、宗教、子供、アクション、社会問題。

インド映画に欠かせない要素がすべて網羅されているてんこ盛りシネマ。

今回はクリケットの印パ戦の盛り上がりもキーとなる。

クリケットやホッケーの印パ戦、サッカーや野球の日韓戦の比じゃないだろうな。

f:id:shioshiohida:20190222002748p:plain

f:id:shioshiohida:20190222003406j:plain

 

ヒロインは6歳の女の子。

文化の違いがよくわかった。

「ラーマ万歳」と「アッラーアクバール」

ヒンドゥーとムスリム、インド映画においては無視できないテーマ。

f:id:shioshiohida:20190222105502j:plain

 

子供のように無垢でまっすぐな主人公、で思い出した。

DVDで観た「マイネーム・イズ・ハーン」、5年近く前だったろうか。

これもイスラムとヒンズーと9.11後のアメリカがテーマだった。

あの映画もある意味、壮大なロードムービーだった。

マイネーム・イズ・ハーン [AmazonDVDコレクション]

マイネーム・イズ・ハーン [AmazonDVDコレクション]

 

 

たっぷり2時間以上ある映画、見終わるとすっかり暮れていた。

少し飲みたい気分だったけど昨日吞んでるので今日は我慢。

とっとと帰宅して作り置きのカレーを食べた。

f:id:shioshiohida:20190221184246j:plain