2016/6/14 田園の美

日常が戻る。

山登りのダメージはほぼ無い。

いつもの朝の再生産が始まる。

梅雨の晴れ間。

さすがに走ろうという気にはなれなかった。

他人にも、自分にも厳しくないのだ。

だからダメなのだ。

 

秋田空港に着陸態勢をとる機内から撮影した一枚。

どこかに美しい村はないか、という茨木のり子の詩を思い浮かべた。

水をたたえ、緑したたる、美しい田園風景。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/shioshiohida/20160613/20160613182734_original.jpg

そういえば、以前にもこんな美しい風景の写真を見たことがある。

福島県相馬郡飯舘村…。

f:id:shioshiohida:20160613182734j:plain

 

4日ぶりの定番朝食。

メインディッシュは塩鰯、金平牛蒡に青梗菜の煮びたし、豆腐と大根とたまねぎの味噌汁。

f:id:shioshiohida:20160614114945j:plain

 

秋田3泊4日、日記に表紙になる写真だけアップした。

図書館で予約してあった本を借りる。

シーラッハの「犯罪」、文庫本で読める。

犯罪 (創元推理文庫)

犯罪 (創元推理文庫)

 

 

2月に予約した桜木紫乃「霧 ウラル」49人の順番待ちを経てようやく借りられた。

霧深い根室半島の戦後まもない頃の物語らしい。

霧 ウラル

霧 ウラル

 

 

秋田へ行く前にはまだ咲いてなかった山梔子(くちなし)の花。

咲いてはいたが…すでに見頃を過ぎていた。

無残。

みずみずしく汚れなき山梔子を見たい。

つぼみはまだ残っているので雨の日に観に来ようと思う。

f:id:shioshiohida:20160614143412j:plain

 

部長人事が発表され、波紋を呼び、憶測がとぶ。

いっぺん地方へ飛ばされてみたいと思うがフリーなもので自分で飛ぶしかない。

飛ぼうと思いつつ飛ぶための翼も萎えてしまった。

 

堂島のQBハウスで散髪する。

6ミリで裾とサイドも刈り上げてもらう。

前髪がまだ少し長いかな。

家でもう少し切ってもらおう。

天六のタイムリーで豆を買う。

珍しくイルガチェフがあったのでちょっと高いが300グラム買う。

A部氏に秋田土産の日本酒「まんさくの花 夏酒」を渡す。

[rakuten:yoshidaya1989:10000774:detail]

久しぶりに西海酒販へ行く。