読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20147/4/24

晴れの日が続く。

今日は終日オフ、午前中にロードバイクにエアを入れて油を差す。

家のポンプだと圧が弱いのでサイクルベースまで行く。

ついでに甲子園浜の公園まで行く。

海の方から男たちのかけ声が聞こえる。

見たら100人以上の機動隊が隊列を組んで走っていた。

なんだかきな臭い。

クスノキの新緑が美しい。

f:id:shioshiohida:20170424224819j:plain

 

甲子園浜を少し走る。

4月は月間88キロになった。

去年、一昨年となぜか4月は走れてない。

去年は13キロ、一昨年は34キロだった。

今年は100キロは走れそうだ。

問題は5月にどれくらい走れるか、だ。

f:id:shioshiohida:20170424224820j:plain

 

f:id:shioshiohida:20170424163432j:plain

続きを読む

2017/4/23

「キングコング」を見ようか、「SING」を見ようか、迷っているうちに時間切れ。

21時からは「バーニングオーシャン」しか残ってなかった。

“衝撃の実話” ものです。

そういえば…とおぼろげにしか記憶にないけど…2010年の4月20日の出来事。

日記を確認してみたけど記述はなかった。

まだ国内も民主党政権で、新聞が支持率低下を毎日のように書いてるころだった。

f:id:shioshiohida:20170424003157j:plain

 

原題は「ディープウォーター・ホライズン」、メキシコ湾の石油掘削施設の名前だ。

水深1500mから原油を吸い上げる施設で海に浮かんでいるプラットフォーム。

沖合の海流の強い場所(ハリケーンもある!)で自分の位置を自動で調節するのだそう。

トランスオーシャン社という世界最大の沖合掘削請負会社の施設で石油のスーパーメジャーBP

(ブリティッシュ・ペトロリアム)と契約していた。

全て実名。

映画ではBPが経済効率優先でテストをせず、堀削を急がせたことが最大の原因として描かれている。

その結果、損害が上記のポスターに記されている。

古くは「タワーリング・インフェルノ」、タバコ産業の不正を告発した「インサイダー」とか、

最近では政府と製薬会社の癒着を暴いた「ダラス・バイヤーズ・クラブ」など、アメリカには

悲しいかな日本ではあり得ないエンターテインメントになり得る社会派ドラマが生まれている。

ある意味でアメリカの健全さの証明。

トランプ政権になってもこれだけは変わらないで欲しいと思う。

 

このユナイテッドの事件も同じ構図に思えるのだが…。

マーク・ウォールバーグやカート・ラッセルって現場労働者の役が似合う。

現場で過酷な目に遭うって映画に何本も出てるような記憶がある。

 

3日連続してジョグ。

日曜日の御前浜は賑やか。

この海はバーニングオーシャンではない。

f:id:shioshiohida:20170423113108j:plain

f:id:shioshiohida:20170423113346j:plain

 

今年は桜と鯉のインターバルが短い。

f:id:shioshiohida:20170423120449j:plain

 

走りながらPodcastを聞く。

「サイコパス」の著者 脳科学者の中野信子さんの話。

ラジオを聞いただけで読んでしまった気になる。

歴史上の人物と大企業のCEOにはサイコパス率が高いらしい。

たとえば織田信長。

妹の嫁ぎ先の旦那 浅井長政を討ち、頭蓋骨を盃に酒を飲んだり、

宗教的な権威に畏れを抱かなかったり、新奇なものを抵抗なく受け入れたりして時代を変革する。

そして、本を読んで自分はサイコパスかもしれないと思う人はサイコパスではない、と。

奇しくもダークヒーロー願望( wanna be )が生まれつつあるということ。

現状打破、歴史転換にはサイコパスの存在が不可欠なのでは?

トランプ礼讃する気にはなれないが、ああいうある種のサイコパスが世界を壊して変わるのでは?

サイコパス (文春新書)

サイコパス (文春新書)

 

 

MEMO:ウイークエンドはニュースデスク フジサンケイレディースとリレーカーニバルをTV観戦

    

f:id:shioshiohida:20170424003158j:plain

2017/4/22 マーマレードの朝

甘夏でつくったマーマレードをのせてイングリッシュマフィン・モーニング。

マーマレードを作るというテーマで書かれた池澤夏樹のエッセイがあったと記憶してるんだけど、

本棚を漁ってインパラシリーズとか「母なる自然のおっぱい」とかをパラパラしてるんだけど、

見つからないのは単なる思い過ごしなのか……ま、いいや。

と思って…「インパラは転ばない」から始まるシリーズは全部読んだけど、

最初の一冊を残して全部処分してしまったことに愕然とする。

処分するときに「どうしても読みたかったら図書館もamazonもあるし」と思ったことを思い出す。

 

 

f:id:shioshiohida:20170422084310j:plain

 

試しに「池澤夏樹 マーマレード」でググってみた。

あっさりと判明した。

その本は「エデンを遠く離れて」(1994年)というエッセイ集だった。

これも処分しちゃったのか…。

で、お目当ての一編「マーマレードの保存法」も簡単に見つかった。

しかも電子書籍で半分くらいは読める。

エデンを遠く離れて - 池澤夏樹 - Google ブックス

池澤夏樹のカフェ・インパラというWEBサイトがあった。

全著作が電子書籍で読むことが出来る。

それぞれに宮里小書店便りという沖縄の書店の店主による紹介エッセイがついている。

宮里小書店便り – cafe impala

このサイト、かなり充実している。

 

マーマレードの朝 (1979年) (角川文庫)

マーマレードの朝 (1979年) (角川文庫)

 
エデンを遠く離れて (朝日文芸文庫)

エデンを遠く離れて (朝日文芸文庫)

 

 

起き抜けに、走る前に、山を見る。

もう桜の花影は見えない。

緑の侵略が始まっている。

f:id:shioshiohida:20170422111237j:plain

 

西宮浜のヨットハーバーの桜並木はこんな具合。

土曜日の午前中、まだ花見しようと思えば出来ますね。

f:id:shioshiohida:20170422112916j:plain

 

ヨットハーバーから海沿いではなく住宅地を走って戻る。

この季節はどこも色彩豊かで絵になる。

f:id:shioshiohida:20170422113542j:plain

 

土曜日、御前浜は賑わう。

f:id:shioshiohida:20170422110913j:plain

 

親切されたトイレ。

なぜかモノクロームにしたくなる。

f:id:shioshiohida:20170422232610j:plain

 

豪華客船に見立てた会員制リゾートホテルも全貌を現しつつある。

f:id:shioshiohida:20170422112605j:plain

 

去年、何度も作ってもらった土鍋の鯛めし。

今シーズン初です。

おこげが大好き。

真鯛ではなくチダイだそうです。

f:id:shioshiohida:20170422120426j:plain

 

MEMO:ニュースデスク 何もなし テレビで女子ゴルフ、野球、夜はフィギュアスケート

    国別対抗戦で日本が優勝 三原 樋口 メドベデワ 日本歴代最高 世界最高

    フジサンサンケイレディース 堀琴音は1打差

 

f:id:shioshiohida:20170423003011j:plain

f:id:shioshiohida:20170423010514j:plain

2017/4/21 アーモンドとマフィンと夏の風と

 

南芦屋浜の海辺に少しだけ咲き残っていたアーモンド。
海から吹く風は夏の匂い。

f:id:shioshiohida:20170421140459j:plain

 

深夜なんですが…あしたの朝に食べたいと衝動的に……買った。

パスコのイングリッシュマフィン。

素朴なザラついた食感が好きで、ときどき食べたくなる。

いや、実は毎日でもいいなと思えるくらい。

昨日、甘夏みかんでほどよい苦みのマーマーレードが出来た。

これを味わうのは食パンでもない。

ベーグルも悪くないが、やっぱりマフィンだろう。

いま深夜1時前なんですが…マフィンはある。

スライスチーズのせてもいいなあ。

でも、やめとこう。

 

2009年の小林聡美のCMや最近の深津絵里のCMがいい。


Pasco 2009年「イングリッシュマフィン」篇

 


深津絵里 Pasco 超熟 CM パスコ 「知らない街」篇

 

まとめてあるもの。

超熟 CM集 - YouTube

これ見てまた、バリっといきたくなる。

酒でまぎらわす?

 

今朝はマフィンがなかったので食パンにのせた。

f:id:shioshiohida:20170421091044j:plain

 

八重桜の下の生け垣はツツジ。

あと一週間もすれば満艦飾の花道になる。

f:id:shioshiohida:20170421133912j:plain

 

じわじわと準備中。

f:id:shioshiohida:20170421134015j:plain

 

南芦屋浜の公園の花壇も初夏の装い。

このアーチは木香薔薇(モッコウバラ)です。

f:id:shioshiohida:20170421135803j:plain

 

こちらも準備中。

早まって咲いてるのもあり。

f:id:shioshiohida:20170421135821j:plain

 

なんだか久々にこの人工ビーチまで来た。

f:id:shioshiohida:20170421140305j:plain

 

 

f:id:shioshiohida:20170421141240j:plain

f:id:shioshiohida:20170421141949j:plain

f:id:shioshiohida:20170421143908j:plain

 

「名探偵コナン 〜から紅の恋歌〜」@TOHOシネマ西宮

招待券(前売り券)で見る。

一番大きなスクリーンと中規模のスクリーンの2スクリーン同時上映。

大きなスクリーン、16時40分と中途半端な回なのに中央あたりは子供連れと若いカップルで埋まる。

印象はいわゆる正統派のテレビアニメ。

ある意味で鉄板なのだろう。

f:id:shioshiohida:20170422011024p:plain


「名探偵コナン から紅の恋歌」予告

f:id:shioshiohida:20170422135335j:plain

2017/4/20 人生は晩秋だが、世界は初夏だ。

あしたの朝からちゃんとしよう、そう思って今日の自分を甘やかす。

毎日のようにそんなことを繰り返して人生も後半を迎えている。

人生は晩秋だが世界は初夏だ。

川沿いのアメリカハナミズキが薄紅色の花を咲かせている。

f:id:shioshiohida:20170420101005j:plain

 

MEMO:朝早 ナレ録り ランチに四川麻婆 ガーデンシティのスターバックス テラス席

    映画? 松葉で串カツ ぐったりして帰宅 スポーツオーソリティー オークリー

 

2017/4/19 季節のページ

 

桜満開に浮かれていたのはつい5日ほど前、ページをめくるように初夏になった。

f:id:shioshiohida:20170419104519j:plain

 

ソメイヨシノのなごりの花、対岸に眩い新緑。

f:id:shioshiohida:20170419104351j:plain

 

「気分はもう夏」

ボードセーリングときらきらひかる海を見ると思わずつぶやく。

f:id:shioshiohida:20170419105133j:plain

 

朝食にチャーシュー。

なんか故事成語みたいな響き。

何の教訓にもなってないが。

f:id:shioshiohida:20170419113430j:plain

 

MEMO:朝ジョグ 初夏 ポスプロ編集 編成インターネットコンテンツ 甲子園口

2017/4/17 忘れていた!

若い頃に観た映画のストーリーを片っ端から忘れている自覚がある。

それだけではない。

先月観たばかりの映画だって片っ端から忘れている。

もう監督とか、主演俳優とか、脇役とか、原作とかの名前なんて憶えられない。

思えば仕事とは言え、淀川長治さんは凄いなあと今になって改めて感心する。

きょう「トレインスポッティング」の20年後の映画を観た。

自分が20年前の「トレインスポッティング」を憶えていると錯覚していたのだが、

まったく忘れてて、映画は知らなくてもわかるという作りにしてあるのだが、

十二分に楽しめなかったのは悔いが残る。

憶えてたら面白かっただろうな。

もう自分には記憶を定着させて、脳のしかるべきところに収めておく脳力はないのだ。

 

 f:id:shioshiohida:20170417223648j:plain

 

桜の季節が終わる。

雨の日に夙川沿いを歩く。f:id:shioshiohida:20170417141250j:plain

  

f:id:shioshiohida:20170417225250j:plain

 

f:id:shioshiohida:20170417141151j:plain

f:id:shioshiohida:20170417141920j:plain

f:id:shioshiohida:20170417223649j:plain

f:id:shioshiohida:20170417223650j:plain

2017/4/16

日曜日は前半後半の二幕を楽しんだ。
前半はサクラ吹雪のロングジョグ(といっても12キロだけど)
後半は西宮ガーデンズのTOHOシネマで映画を2本観ました。

パラ競泳の一ノ瀬メイちゃんが「 凄く感動しました!」
と言ってたとひとづてに聞いて観ようと思った映画が1本目。
かなりざっくりあやふやな動機ですが、期待しすぎると経験上
あまりいいことがない。
これくらいのテキトーさがいい加減。

「Lion/ライオン 25年目のただいま 」

ここ数本がイマイチだったけど久々にFacebookに投稿しようと思った傑作でした。

一ノ瀬メイさん、ありがとう!


「Lion/ライオン 25年目のただいま 」@TOHOシネマ西宮


f:id:shioshiohida:20170416235932j:plain



5歳の時にインドで迷子になり、養子としてオーストラリアで育った男が、

Google Earth のおかげで25年ぶりに母と兄の元へ戻ったという実話ベースのドラマです。

1986年、インドで迷子になる下りがしっかり描かれているので、

後半の Google Earth が生きてきたのだと思う。

カルカッタ(今はコルカタというらしい)の駅や街の匂い立つような空気から

一転してタスマニアの南極の風を感じさせる。

世界がテレポートする感覚。

濃密と希薄。

同じ星かと思えるほどの落差。

僕はさみしい場所が好きなのでタスマニア派です。

実話ベースらしく本人登場のラストシーンに涙腺がゆるむ。

でも、本当に奇跡のようなケース。

インドでは毎年8万人の子供が行方不明になっているらしい。

 

主人公を演じるのは『スラムドッグ$ミリオネア』の子役デーヴ・パテル、立派な青年になっていた。

ニコール・キッドマンが養母、演技過剰な印象のあった彼女だけど

ポスターにあるように慈愛に溢れた表情がいい。

ちなみに、なぜタイトルがライオンなのか?

最後の最後にわかる微笑ましいエピソードです。

それにしてもGoogle Earth って凄い。

思わず舞台になったタスマニアのホバートって街に飛んだ。

ストリートビューでヨットの浮かぶ港町をしばし散歩した。

タスマニアってあのエディー・ジョーンズの故郷でもある。


『LION/ライオン ~25年目のただいま~』予告編

 

 

「Lion/ライオン」の終演時間が21:10なのに、21:00に始まるレイトショーのチケットを買っていた。
映画が良かったせいか誰もエンドロールの途中で出る人がいなかったので

最後まで流れきってからトイレに寄って、スクリーンをハシゴする。

ちょうど予告編が終わる寸前でした。

で、2本目は「夜は短し歩けよ乙女」、アニメ映画です。

レイトショーに最適なコンテンツかもしれません。

京都の長い一夜が演劇的にファンタジーとして描かれている。

なんだかフランスのアニメっぽい。

「ベルヴィル・ランデブー」みたいなちょっとグロテスクなデフォルメもあり。

知ってる場所がいっぱい出てきます。

最初が四条木屋町、先斗町や鴨川べり、出町柳や糺の森とか。

京都ってこんな感じの閉じられた百鬼夜行みたいな世界かも。

学生時代に夜を徹して飲んだり映画を観たりしたことを思い出してました。

金沢とか、京都の一乗寺の京一会館のオールナイトとか。

あの頃の夜の空気は今よりずっと甘かったなあ、なんて。

f:id:shioshiohida:20170416235933j:plain


『夜は短し歩けよ乙女』 90秒予告

続きを読む