2018/2/20 寒のゆるみ

ひと頃に比べ寒さが緩んでいる。

春が待ち遠しい、という必然の気持ちと、一抹のさみしさが同居する。

新しい季節に進むということは2018年の冬は二度とやってこないということ。

未練が積もる還暦過ぎの感慨である。

 

お昼前に6キロちょっと走る。

ウインドブレーカーの下にランニング用のベストを着る。

丸首で SWAT の防弾ベストの様なデザインだが気に入っている。

コースを変えて芦屋浜の団地内の公園に立ち寄る。

いま咲いているのは梅と水仙と山茶花。

山茶花は一番花のとぼしい季節に孤軍奮闘する。

雲間から差しこむ日光が当たった瞬間がシャッターチャンスだ。

f:id:shioshiohida:20180220114832j:plain

 

なんだか春めいてきたランニングコース。

開花が近いのは、クリスマスローズ、椿、そして沈丁花。

f:id:shioshiohida:20180220114701j:plain

 

いつものコースをデジカメの ハイコントラストモノクロ で撮る。

堤防のアスファルトに誰もいない。

海へとまっすぐに伸びている。

f:id:shioshiohida:20180220112055j:plain

 

冬の海は光る海。

f:id:shioshiohida:20180220112259j:plain

f:id:shioshiohida:20180220113820j:plain

 

芦屋浜側のコーナー。

阪神高速湾岸線と西宮浜の高層住宅と大阪湾が見えるポイント。

20年近くかけて少しずつ整備されていく。

f:id:shioshiohida:20180220113601j:plain

 

朝兼昼ごはんは鯛飯と赤だし。

野菜2種類、卵焼きに大根おろし。

図書館で本を返し、予約した本を受け取る。

フリクションボールペンの替え芯を買う。

 

ランニング中にも電話があったが4月の女子ゴルフ特番が動いている。

桜の季節がまた少し忙しくなりそうだ。

4日ぶりに会社に出るとなんやかんや話があって忙しい。

A部さんに言われたっけ。

仕事があるうちが華です、と。

華ではないけど有り難いことです。

2月は追悼特番とあすリート4本、3月はあすリート6本、4月はゴルフPlusとあすリート3本、

4月末には還付金が入るだろうし、5月は男子ゴルフPlusとあすリート2本…。

ゆるいペースで無理をせず、健康に留意すべし。

 

編集チェック、カーリング、ショートトラック、ノルディック複合などを見ながら時が過ぎる。

久々に社員食堂でカレーライスを食べる。

ラージヒルでトップに立った渡部暁人、果たしてクロスカントリーでドイツ勢につかまって5位。

明らかにワックスが合ってなかった。

下りでスピードが出ず、すぐに追いつかれていた。

数年前に日本が世界選手権の複合団体で金メダルをとった時のことを思い出した。

あのときは湿雪で、日本だけがワックスが合っていた。

他の国は下りでブレーキがかかったようだった。

辛いのはワックスマンだろうな。

 

 

2018/2/19 あと何回の免許更新か…。

運転免許の更新、今回も優良ドライバー認定で5年更新した。

前回も書いたが次は66歳になる。

おいおい、と思わず口に出そうになる。

生きてるかな、なんてことも思う。

おまえはラッキーな男、と。

更新ハガキが届いてまた伊丹の更新センターに来られたら儲けものだね。

 

伊丹のJRと阪急の駅の間がかなり整備されていた。

両駅の間をあちこち歩きまわる。

ちょっとした小旅行みたいで楽しい。

伊丹は清酒発祥の地と呼ばれ、江戸時代、伊丹酒は上等の酒の代表格だった。

数知れずあった造り酒屋だがいまは2つが残る。

白雪で有名な小西酒造、老松酒造。

ついでに駅前の飲食街を歩いてみる。

激安の大衆食堂や昼から客が立っている立ち吞み屋があったりして楽しい。

「白山そば」という白い蕎麦の古い蕎麦屋があったり、スープカレーの専門店があったり。

「丸美屋」という大衆食堂が賑わっていた。

昼の定食、海老フライと小鉢がついて420円!

f:id:shioshiohida:20180219130649j:plain

 

朝食は8時半、さわらの西京焼きが旨い。

f:id:shioshiohida:20180219083632j:plain

 

外観は伊丹の蔵を模しているのか。

内装は社会主義国の役所っぽい。

海外免許の申請したことを思い出した。

ハワイやアラスカ、そしてアメリカ東海岸で運転した。

正直、いまは海外で運転するなんて怖い。

いや、ハワイ島やアラスカなら大丈夫かな。

f:id:shioshiohida:20180219110734j:plain

 

5年前の日記。

shioshiohidaneko.hatenadiary.com

平成35年なんてあるのだろうか?

f:id:shioshiohida:20180220000327j:plain

 

JR伊丹駅前にある有岡城の城跡。

セルジオに問い合わせてここの城主だった荒木村重について知る。

信長への恭順と裏切り、毛利氏との内通。

戦国時代のどこかで聞いたようなありふれた話ではあるが地元だけに興味深い。

松永弾正の話を読んだばかりだからなおさらか。

村重はここから尼崎城へ下り、神戸の花隈城に移り、毛利氏の領地まで逃げた。

f:id:shioshiohida:20180219111333j:plain

 

JRから阪急へと続く道。

f:id:shioshiohida:20180219111936j:plain

f:id:shioshiohida:20180219112239j:plain

f:id:shioshiohida:20180219112114j:plain

 

伊丹産業と名のついた交差点。

小西酒造の板張りの蔵が残っていて、今は物産館やクラフトビール工場になっている。

小西酒造は元々は西宮の出。

f:id:shioshiohida:20180219112521j:plain

f:id:shioshiohida:20180219115557j:plain

 

もうひとつの酒造メーカー「老松」、ここも工場併設の直売所。

江戸時代には伊丹酒の番付筆頭の大関だった。

小西酒造は

新酒のにごり酒300mlを買う。

諸白という清酒発祥の地で濁酒を買う。

f:id:shioshiohida:20180219115503j:plain

 

和漢酒文献類聚(享保年間版行、1716年)

東の大関に「老松」、西の大関はこのマーク…剣菱だろうか。

「白雪」はこの時点では前頭にある。

当時は伊丹が圧勝、継いで西宮、池田が続き、加茂や今津の地名が見える。

WIKIによると伊丹の酒は海に面して搬出に適した西宮、そして灘にしだいに追い上げられる。

歴史秘話ヒストリアみたいで楽しい。

 f:id:shioshiohida:20080804165659j:plain

 

ペットボトルで仕込み水を汲みに来る近所のおじさんたち。

宮水ではなく、丹水というのか。伊丹の丹。

f:id:shioshiohida:20180219113122j:plain

 

小西酒造前のタリーズで珈琲ブレイク。

f:id:shioshiohida:20180219130927j:plain

f:id:shioshiohida:20180219123805j:plain

 

昼食はカレーパンと駅前商店街に「都そば」でコロッケそば340円也。

f:id:shioshiohida:20180219133346j:plain

 

阪急伊丹から塚口、西宮北口と来て映画を見る。

「羊の木」@TOHOシネマ西宮、ポイントを使って観た。

f:id:shioshiohida:20180220091201j:plain


映画『羊の木』 予告編

 

URBAN RESEARCH DOORS で厚手のフランネルシャツを40%オフで購入。

f:id:shioshiohida:20180220102610j:plain

 

フェルトのコースター、ドイツ製。

f:id:shioshiohida:20180220000342j:plain

 

阪急で三宮へ。

石川武司トリオ with 山添ゆかをステージ正面の特等席で聴く。

まわりは初老の一人客ばかり。

f:id:shioshiohida:20180219204118j:plain

f:id:shioshiohida:20180220091202j:plain

f:id:shioshiohida:20180220091203j:plain

 

2018/2/17 Monthly ZOO

神戸市立王子動物園に毎月通っている。

アニマル・ヒーリング?

まだ二ヶ月だけど。

入場料600円、年間パスは3000円。

毎月行くなら一回250円になる計算。

行くかな?

目当てはコアラの母娘だったけど、土曜日で客が多すぎて閉口。

かわりに楽しませてくれたのはオランウータンのムムくんでした。

こいつはボルネオじゃなくて神戸生まれ。

巨大な牡で大きな檻で一人暮らししてます。

いつも目が合う。

f:id:shioshiohida:20180217104312j:plain

 f:id:shioshiohida:20180217100650j:plain

 

続きを読む