読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017/5/26

昨日はデスク勤務で日付変更線を越えて帰宅。

当然のように、確信犯で、寝坊する。

きょうは Plank 30日チャレンジは最後のお休みの日。

明日から4分になる。

死にものぐるいでやっている。

意味はあとから考える。

考えなくてもいいけど。

 

 

f:id:shioshiohida:20160702081849p:plain

 

寝坊したので走らなかった。

写真は3日前に走った時に撮ったセンダンの花と海と山。

2日だけぐずついた空が今日からまた晴れる。

f:id:shioshiohida:20170519111216j:plain

 

宮里藍が現役引退を発表!

ニュースデスクのときに一報が入る。

一報と言ってもYahoo ニュースだ。

素材供給、取材依頼、開催中の男子ツアーで兄優作がプレーしている。

のんびりデスクで坐ってはいられない。

 

6月の2周目にオフをとる。

いい季節だからどこかへ行こうと計画中。

ヒロの一案は岩手の早池峰山、もう一案はミヤマキリシマの久住山。

2017/5/25 齢六十の深夜帰宅

朝は寝坊する。

早起き早寝のことを自慢げにヒロに説いて寝たので面目なし。

「早起きするんじゃなかったん?}

きょうから早起きするってつもりで言ったんじゃなかったのにな…くどくど。

ニュースデスク、夕方のニュースを編集してオンエアする、夜のニュースを編集して送る、

明日の取材手配、野球2試合のチェック&送り などなど、齢六十なのに底辺で労働する。

f:id:shioshiohida:20170524115936j:plain

 

5月末、どこかの山に日帰りで行こうと相談中。

候補は取立山(福井)、ここは3年連続になる。

ヤマレコを見ているとミズバショウの盛りは過ぎてしまうかも、だ。

鈴鹿の竜ヶ岳、シロヤシオのいわゆる“羊”の放牧に見える山。

ヤマレコによると今年はハズレ年らしい。

湖北の横山岳、紀州の龍門山がいまのところの候補だ。

 

 

 

2017/5/24 ワカッチャ!

朝昼兼用食に茶碗蒸しかな?と思ったら…

「みをつくし料理帖」のレシピで作った とろとろ茶碗蒸し

蒸し暑いので冷やして冷製にしてくれました。

ダシはレシピの倍使ったそうです。

f:id:shioshiohida:20170524122356j:plain

 

わかってるのに、これまで数十年わかってたのに、なかなか受け入れないことってある。

ウェブ記事にこんな見出しがあった。

それホント!? 中年太りは基礎代謝が落ちたせいではなかった | 文春オンライン

医師からの指摘で、基礎代謝量の減少幅なんてごはん1杯分にも満たない。

要は食べ過ぎだということ。

若い奴らのようにカツ丼大盛り、ラーメンライスなんて食べられないよね、と僕ら中高年は言う。

その通りで 大盛り、おかわり自由、食べ放題には魅力を感じない。

僕自身のことを言えば若い頃からそうだった。

記事の指摘は当を得ていた。

ズバリ!

しかも、悲しいかな、わかっていたことだった。

中高年になると経済的余裕が多少なりともあるので食べ物に興味が沸く。

というか他に楽しみがなくなる。

吞み喰いが楽しい。

「いやあ、基礎代謝が減ってるのでなかなか体重が減らないよね」

そうじゃない。

実はこういうことだと思う。

カツ丼大盛り < ビール+日本酒+おつまみ+〆の雑炊(うどん、蕎麦、そうめん等々)

もちろん若い頃だってアルコール+〆ごはんはあった。

でも毎日じゃなかったし、そうしたら当然体重は増えていった。

基礎代謝云々じゃない。

要は食べ過ぎたら太る。

 

じゃあ、どうすればいいか。

わかっているのに解決出来なかったことを改めてわかったから解決出来るのか?

実に心許なく安易なソリューションを。

「決意を新たにする」

 

もうひとつ。

わかっていたけど…の件。

早起き早寝を習慣にするコツ・方法は?世界のCEOは皆早起き!

早寝早起きというけれど早寝ほど難しいものはない。

早起きの方が可能だ。

ならば、試すべきは 早起き早寝 ではないのか。

f:id:shioshiohida:20170524120022j:plain

 

今日はナレーション録り。

余裕しゃくしゃくでいたらギリギリになってしまう。

わかっていたことだけど…やらないね。

録り終えてA部氏からお誘いに乗る。

駅前ビルのワインバル。

こんな洒落たもんを出す店が大阪駅前に普通にある。

今さらですが、この20年は矢の如しです。

 

2017/5/23 彼と彼女が頑張る理由

この並木は桜、ソメイヨシノである。

ほんの5週間ほど前はサクラ吹雪のトンネルだった。

茨木のり子さんの詩にある一節。

「死こそ常態、生はいとしき蜃気楼」です。

並木の奥はクルーザーが浮かぶマリーナ。

f:id:shioshiohida:20170523114900j:plain

 

4月15日撮影。

逆方向から撮りました。

(写真をクリックしたら拡大します)

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/shioshiohida/20170415/20170415112333_original.jpg

 

青空は何日続いているのか。

一仕事終わったころには梅雨入りするんじゃないだろうか、と心配になる。

センダンの花の薄紫は味わいのある色。

この樹は古来から獄門台の板の材料となっていたらしい。

f:id:shioshiohida:20170523113621j:plain

 

続きを読む