2018/9/18

体重が72キロの壁に当たっている。

きょう頑張れば突破可能かと思われたので二週間ぶりに走った。

体重は減ったが走ってないので身体は重い。

ランステから中之島方面へ向かう。

Jog&Walk、歩くも走るも、とにかく市役所まで往復しよう。

気温は高くないけど湿気はある。

それより身体感覚が “走るモード” に入らず、身体は散歩モード。

運動してる感覚がない。

iPodで曲が変わったらWALK、次の曲になったらRUNてな具合に我慢する。

f:id:shioshiohida:20180918200707j:plain

f:id:shioshiohida:20180918201637j:plain

f:id:shioshiohida:20180918204427j:plain

 

中之島公会堂あたりから左のふくらはぎに“こむら返りの種”みたいなものが発生する。

こむらが「返るぞ」、踏ん張ったら「返るぞ」と言っている。

当然、歩く。

他の部分はジョギングなら出来る。

走り始めると「返るぞ」「なんなら返ろか?」みたいなメッセージ。

恐い。

だましだましランステに戻る。

9時を過ぎていた。

 

OBPツインビルのプロントが居心地が良さそう。

23時までやっているという。

凍結レモンサワーに惹かれた。

凍結レモンサワー|バードリンク|メニュー|PRONTO -プロント-

なんか出張気分でお一人様ご案内される。

席はゆったり窓際で居心地はいいのだが、隣のリーマン四人組が五月蝿い。

本が読めないレベル。

マカオフェア開催中でミンチィという挽肉と玉葱とジャガイモを醤油ベースで炒めたものを。

玉落としが決定打!

【キャンペーン】マカオ料理を食べて旅行を当てよう!|MONTHLY TOPICS|PRONTO

きょうはこれだけ。

f:id:shioshiohida:20180918215125j:plain

 

レモンハイの替え玉を2杯おかわりしてしまう。

チューハイ3杯飲んでしまった。

2080円とプチ贅沢。

 

午前中はグンゼスポーツで水素水サーバーを来月から契約する。

デトックス、活性酸素除去、なんでもやってみよう。

午後から散髪、今回は白髪ぼかしはパス。

散髪後に出社、番組がひとつ飛びそうなのでそのサポート、編集チェック。

2018/9/17

「半分、青い」のオンエアが終わっても寝ている。

なんだか起床時間が安定してない9月だ。

強制する圧がないと起きないのだろう。

年寄りは早朝に目がさめて散歩をするという状態には遠いようだ。

首、肩の周りが凝っている。

明らかに運動不足だ。

今月は3日に大坂城公園を一周して以来走ってない。

2週間のブランク。

涼しい日もあったのにもったいない。

体重は月始めに3%減の目標を立てた。

今朝は72.00キロ、あと110グラムは時間の問題だ。

走れば達成出来る。

 

ところが走らず。

今日は何ヶ月ぶりかのニュースデスク。

調べたら去年12月22日以来だった。

日テレの電話番号や報道の内線も憶えてるか不安だったが…勝手に指が押した。

ヴィッセル神戸の監督交代の会見のみ。

三木谷-イニエスタシフト、会見場に選手全員が列席する異例。

でもオンエアにならず、早々に閉局する。

 

七時半過ぎ、これも久々、リバーサイドの徳田酒店で独酌。

敬老の日、いつもの賑わいはなく、静かな酒場でした。

きもと、プレーンハイ、にごりの北秋田を吞み、モツ煮こみ小、鯖塩焼き、レバカツ。

f:id:shioshiohida:20180917191402j:plain

 

夜、deleの3話を見る。

高橋源一郎と余貴美子、監視者と被監視者との物語。

どこかで見たような…「善き人のためのソナタ」だったか。

 

2018/9/16

涼しくなったな、と油断して外に出たら暑い。

湿度が70%越えで蒸すのと日射しが出てきたのが災い。

図書館に本を返そうと久々に夙川公園を通る。

ぞろぞろと何十人、いや何百人のハイカーが海辺、おそらく南芦屋浜を目指して歩く。

3連休のど真ん中、ハイキングを兼ねて台風の後始末のボランティアかな。

この前の21号台風の高潮はおそらく人の歩いているギリギリのところまで潮位が上がった。

打ち寄せられたゴミのあとでわかる。

f:id:shioshiohida:20180916115347j:plain

 

僕にとってのベストフィルムは是枝作品のこれか、「歩いても歩いても」かな。

「海よりもまだ深く」では笑わせてもらった記憶がある。

f:id:shioshiohida:20180916215906j:plain

 

泣かされたのは河瀬直美作品の「あん」でした。

「こちらに非はないつもりで生きていても、世間の無理解に押しつぶされてしまうこともあります。

 そうしたことも伝えるべきでした。」

映画の中の遺言です。

f:id:shioshiohida:20180916215905j:plain

f:id:shioshiohida:20180916185928j:plain

f:id:shioshiohida:20180916191636j:plain

f:id:shioshiohida:20180917003637j:plain

f:id:shioshiohida:20180917003638j:plain

f:id:shioshiohida:20180916232743j:plain

f:id:shioshiohida:20180918093925j:plain

 

2018/9/15 古希が歌い還暦が聴く

シンガー&ソングライターのさこ大介さんのライブを聴く。

東京狛江市在住、関西ツアーの真っ最中とのこと。

この人と話したりするとき、ステージでのMCに東京を感じる。

古き良き東京を。

ベテランの落語家さんやマスコミ関係のプロデューサーにも似たたたずまいの人がいる。

すごく昭和や、戦後の東京人のイメージ。

僕の勝手な思いこみですが。

 

デイリースポーツの整理部に勤務、90年代の10年を神戸で暮らし、その時に出会った。

きょうのステージでも言ってたけど活字中毒者。

好きな作家は 船戸与一、森詠、高村薫。

船戸与一、特に南米三部作の大ファンでそこでつながったのが最初だ。

さこさんは船戸与一とテレビで対談している。

激しくすべっていて…痛ましい。

船戸与一vsさこ大介 - YouTube

いつも挨拶するが氏は僕のことをたぶん憶えていない。

「ねこ時計」の、といえば思い出すかも知れない。

(「ねこ時計」とは90年代に僕が発行人をしてたブックレビューのコピー新聞)

 

おそらく古希を迎えられた老いぼれシンガーのしわがれたハイトーンを聴く。

f:id:shioshiohida:20180915203953j:plain

 

朝、パソコンをオンにして各種サイトをチェックして、そこから別のサイトに飛んだりして、

さらに関連動画を観たりするとあっという間に1時間くらい過ぎてて、あげくに肩が凝っっている。

こういう時間も無駄では無いのだけれど、朝の鮮度が半分ほどに落ち、かすかな疲労感さえある。

みなさん、おはようございます。

 

寝坊した朝、バナナとゴーヤを刻んで牛乳といっしょに冷凍保存してたものを

新らしいミキサーにかけて作ったスムージーが奇跡的に美味い。

氷の粒とゴーヤとバナナの繊維が絶妙に残ってる。

 

f:id:shioshiohida:20180916220607j:plain

 

キーボードのnキー他の突然死を受けてキーボード環境が変わった。

緊急対策にヤマダ電機で買ったエレコムのテンキー付きワイヤレスは緊急バックアップとする。

キー配置のピッチが短いのかミスタッチが多いし、超薄型とあるけどまだ深い感じがして。

Bluetoothの純正キーボード、ワイヤレステンキー、同じくワイヤレスマウス。

当面はこれで行こう。

f:id:shioshiohida:20180915180215j:plain

 

午後、昼寝したらすぐに時間が過ぎる。

朝活会で申告した、今日に限っては朝限定ではない終日拡大のTO-DOがほぼ出来ない。

欲張りすぎているとは思わないが、いつも積み残すということは申告が分不相応なのだろうか。

WEB記事、せめて、と動画のみをアップする。

阪神電車で梅田へ出る。

駅まで行く自転車のペダルが重く感じる。

筋力の衰え?

ん? 違うな。

自覚するのは全身の覇気の無さだ。

シャキッとしないのだ。

内臓機能を疑う。

いや、それも多少はあるが、ここはなんだか、性根の問題のような気がする。

自らに鞭打ってやってみて、それでも、もう無理! だったら内蔵を疑おう。

梅田で地下鉄に乗り継ぐ。

天満橋駅の階段が長い。

ちょっと息が上がる。

さらに少し坂を登ってまた下る。

エル・シアターの近くに「活力屋(かつりきや)」はあった。

疲れている身体に鞭打つような、いや元気づける店名。

前に一度行ったがこの場所に移転したようだ。

f:id:shioshiohida:20180915190245j:plain

 

 

f:id:shioshiohida:20180916141833j:plain

 

 

知り合いの家を泊まり歩きながらのソロツアー。

遅めに起きてもライブに集合する4時まで散歩くらいしかやることないんだよ、とのこと。

結局、喫茶店で2時間ずっと本読んでたのだそう。

 

ソングライターとして憂歌団やビギンにも曲を提供されてる。

僕の好きな歌は「追憶」「海の見える競馬場」「坂道に歌がこぼれて」

動画はロッド・スチュワートの「I'ts not spotlight」の日本語訳である「失くした光」です。

さこ大介さんはデイリースポーツの整理部時代に、神戸に十年住んでおられた。

活字中毒で、特に冒険小説の船戸与一を語らせたら右に出るものはいない。

映画もお好きで今日のステージでも、オールナイト上映された「仁義なき戦い」シリーズとか、

ハリウッド映画の「バラの刺青」とかも話に出てきた。

いつかこの人の「追憶」という歌を短編映画で撮りたい、と思ってた時期があった。

結局、何もしない人が僕です。

f:id:shioshiohida:20180915203953j:plain

 

別名 狛江のE.T. さこ大介。

怪優 天本英世を思い出す。

f:id:shioshiohida:20180915201909j:plain

 

ライブ終わって大阪天満宮駅へ歩く。

歩くのはさして問題はないけど、これ以上飲みたいと思わない。

よしむらを覗くと珍しくカウンターに一人しかいない。

体調万全なら喜び勇んで飛びこむが…スルーしてしまうくらいに疲れていた。

2018/9/14

1987年、僕は30歳になった。

個人的にはターニングポイントでもあった。

会社を辞めて、フリーランスとしてさして自覚もないまま働き、さして儲かりもせず、

かといって切羽詰まった深刻さもなく、気分一新しようと四国高松へ出稼ぎに出た。

武庫川団地のワンルームを借り続けたまま家賃別で月300000円の報酬だった。

4月から9月、気楽なアパートでの一人暮らし、金沢に続き二度目の学生気分だった。

瀬戸大橋完成、国鉄民営化、そんな時代だった。

そのころ、半島では…。

1988年のオリンピック開催地レースを名古屋と最後まで競ったソウルでこんなことがあった。

ドラスティックに政権が交代する韓国ならでは、と行ってしまえば身も蓋もないが、

光州事件に続き、軍事政権下のソウルを描いたこの映画は衝撃だった。

どこかで見たような俳優たちは自国の、自分たちが幼かった時代をどんな気分で演じてたのか。

対共所長役のキム・ユンソクは29歳、検事役のハ・ジャンウは19歳か。

弾圧する特殊な機動隊のユニフォームがGジャンだというのが1987年という時代を思わせる。

見終わってA木に「見るべし!見ないと拷問」とLINEした。

f:id:shioshiohida:20180915155253j:plain

f:id:shioshiohida:20180914165058j:plain

f:id:shioshiohida:20180914171439j:plain

 

雨降る森の犬

雨降る森の犬

 
淡雪記

淡雪記

 

 

f:id:shioshiohida:20180915154511j:plain

f:id:shioshiohida:20180915154509j:plain

f:id:shioshiohida:20180915154510j:plain

f:id:shioshiohida:20180915154513p:plain

 

2018/9/13 N SPACE B C 反応せず

iMacのキーボードが同時多発的に死んだ。

まず、N、次にスペースキー、B、続いてCと、スペースキー周りが次々と無反応になる。

消耗品なので買い換えるのは仕方ないが以前に買い換えたのは2016年12月。

1年8ヶ月か…。

前回はEnter キーが使えなくなった。

そのときは3年は使えたから少しサイクルが早いな。

こいいうのは前ぶれもなく突然やってくる。

f:id:shioshiohida:20180913185132j:plain

 

綿棒にアルコールをつけてクリーニングしてみるが、一瞬直ってもすぐにダメになる。

仕方なくヤマダ電機に入る。

Macの純正キーボードはもう売ってなかった。

試しにと、純正を買ったあとのバックアップ用にと、エレコムのワイヤレスを買う。

BluetoothではなくUSBのwifi でつなぐもの。

3780円だった。

f:id:shioshiohida:20180913185110j:plain

 

エレコムは超薄型と謳ってはいるが純正キーボードのソリッドな感じはない。

慣れていけば問題は無いだろうけど英数(無変換)のキーが効かない。

前に一度使えなくなった純正のBluetoothキーボードをつないでみたら使えた。

これにテンキーがついてたらベストなのだけど。

ワイヤレステンキーだけを買うという手もあるか。

僕は、あんまり、キーボード運はよくない。

ジタバタしないで純正有線のものを買い直すか。

f:id:shioshiohida:20180913185855j:plain

 

今日は朝イチでナレーション録りの立ち合い。

西梅田に散髪に行こうと目論むも予約とれず。

西宮に戻り、スシローで独りランチ。

つい昼ビールをしてしまう。

グラスのプレモルが悪魔的に旨かった。

2時半に帰宅。

浴室のドアノブが壊れたので不動産会社にチェックしてもらう。

スマホで写真を撮りにきただけならこっちから送ったのに…。

疲れて和室で横になる。

病気なのかな。

ひたすら眠い。

涼しくてひたすら眠る。

暑くてもひたすら眠る。

やっぱり慢性的に臓器が劣化してるのかな。

最近感じること。

自転車のペダルを回す力が年々弱くなっている。

スピードが目に見えて遅くなってる自覚。

自分にちょっと失望している。

 

2時間近く眠る。

で、上記のキーボード禍があり、小雨の中、ヤマダ電機に自転車を走らせる。

2018/9/12 う

ここ数週間、思い焦がれてきた。

あした死んでも後悔しないように今日食べた。

うな重上 2900円也@天神橋五丁目 うお伊

この写真一枚でご飯が食べられる。

f:id:shioshiohida:20180912174907j:plain

 

いつもよりちょっと早い出勤、というか出動。

一昨日届いたティファールのミキサーでスムージーを作る。

リンゴとキウイと氷を高速で掻き回す。

甘みが少し足りないかな。

f:id:shioshiohida:20180912101548j:plain

f:id:shioshiohida:20180912103216j:plain

 

朝食は自家製のベーグル。

大坂なおみは毎朝サーモンベーグルを食べているそうだ。

ゲンをかつぐプロ選手特有の習慣だろうけどまだ20歳、同じものを食べ続けるのは何だか凄い。

我が家ではベーグルに惣菜ものを合わせることはしたことがない。

いつもはクリームチーズか、発酵バターか、ハチミツか、ジャムか、ママレード。

スモークサーモンとか、卵サラダとかは選択外でした。

f:id:shioshiohida:20180912103328j:plain

 

この卵サラダは合う。

f:id:shioshiohida:20180912103533j:plain

 

生ハムと発酵バター、1980年代まで僕らにとって未知の食べ物でした。

f:id:shioshiohida:20180912104256j:plain

 

12時からニュース斑会、ポスプロ編集チェック、告知動画アップロードと水曜ルーティーン。

きのうお誘いを受けたご隠居A部氏がテアトルで映画を見終わるのを待ち、

大正駅前吞み、天満で鰻吞み、あるいは…とメールをする。

返信届き天満で鰻と決定する。

 

天神橋5丁目の「うお伊」、きのう7時過ぎに行ったらカウンターまで満席だった。

17時に予約をする。

満を持して、いや、鰻を持して天五に出陣する。

(その前に「タイムリー」でコーヒーの焙煎をオーダーしておく)

f:id:shioshiohida:20180912182425j:plain

 

さてさてとメニューを拝見、やっぱ高いな。

でも、今日は気にせずに注文します。

どうせ、そんなに量は食べられやしないのだ。

一人飲みのときは「うな重上・う巻きセット」のみでした。

f:id:shioshiohida:20180912171242j:plain

 

瓶ビール中(スーパードライなのが玉に瑕)には骨せんべい。

f:id:shioshiohida:20180912170929j:plain

 

A部氏はうざく、僕は白焼きを前半のメインとする。

かりっと焼けてさすがに美味しい。

白焼きを食べたのは京都の赤垣屋以来、5年ぶりだろうか。

(調べたら赤垣屋で食べたのは2012年4月、6年ぶりでした)

f:id:shioshiohida:20180912170938j:plain

 

この店の日本酒はワンカップなのだ。

まずは二人とも奥播磨、よく冷えてていいね。

f:id:shioshiohida:20180912171228j:plain

 

中盤のあては肝の串焼き。

ここらでワンカップは2杯目、A部氏は竹泉、僕は秋鹿のバンビカップ。

f:id:shioshiohida:20180912174206j:plain

 

トリは座長、うな重上です。

前に二度食べたのより肉厚で美味しかった。

死ぬまでのあと10回くらいは真っ当な鰻屋でうな重食べたいな。

f:id:shioshiohida:20180912174856j:plain

 

食後、「タイムリー」へ豆を取りに行き珈琲を飲む。

もう一軒バーにでも行こうかモードも消え果てる。

もう腹一杯だし、惰性で吞むことはやめよう。

僕らはもう若くないのだし、そういう惰性のハシゴにいいことは何も無い。

帰って練るべ。