2021/01/25 Mon. そうだ、奈良行こう。on Brompton bicycle

冥土旅#2

見るもの全てが国宝であったような気がする。

国宝だからといって有り難がる志向はないけど、とにかく古いものだらけ。

月曜日、天気がいい。

金曜日から日曜日まで3日間、氷雨が降り続けた。

青空と日射し、日だまりは心も穏やかにしてくれる。

幸い出社することもなく、きょう一日を自由に使える。

やるべきことは少しあるが帰ってからでも出来るだろうと高をくくる。

そうだ、奈良行こう。

f:id:shioshiohida:20210125141543j:plain

西の京 薬師寺は2つの塔の伽藍 若草山は雨で山焼きに失敗したとのニュースが!

 

見たいものは薬師寺と興福寺。

東塔と西塔の二つの三重塔が揃った伽藍が見たい。

復元された中金堂を見てみたい。

ついでに平城宮跡にも立ち寄れるかな。

 

f:id:shioshiohida:20210125131640j:plain

平城京跡に再現された大極殿、とにかく巨大、とにかく人がいない。

f:id:shioshiohida:20210125145003j:plain

薬師寺 本尊の薬師如来や左側の東塔は国宝

f:id:shioshiohida:20210125164316j:plain

奈良市内は人より鹿が目立つ。興福寺前の石段にたむろする。

f:id:shioshiohida:20210125163215j:plain

興福寺五重塔も国宝、中世に再建されたがその巨大さに改めて驚く。(東寺に次いで2位)

f:id:shioshiohida:20210125163623j:plain

完成した興福寺中金堂 奈良へ来ると中国を感じる。

このコロナ時代、奈良には緊急事態宣言は出てないが市内の人出はどれほどだろう。

3日間連続で断酒したので、奈良で解禁しよう。

10年近く前には何度か行った名居心地の酒場「蔵」はどうだろう?

5年ほど前に行くと祇園の「遊亀」と同じく超人気店になってて入れずに帰ったことを思い出す。

店には申し訳ないが今がチャンスかも。

てな目論見を抱いて遅めの朝ごはんを食べて昼前に出る。

 

【行動ログ】
自宅〜🚲[Brompton]〜阪神西宮駅〜 🚃[快速急行 奈良行き]〜大和西大寺駅〜

🚲[Brompton]〜平城宮跡(大極殿、朱雀門)〜🚲[Brompton]〜薬師寺〜🚲[Brompton]

〜蔦屋書店〜🚲[Brompton]〜興福寺〜🚲[Brompton]〜なら泉勇齋で四合瓶購入

〜居酒屋「蔵」〜🚲[Brompton]〜近鉄奈良駅〜[快速急行 奈良行き]〜阪神西宮駅

〜🚲[Brompton]〜自宅

 

薬師寺拝観料 800円

やまとのどぶ四合瓶 1430円

「蔵」ハートランドビール他 2600円

阪神西宮〜大和西大寺 860円

近鉄奈良〜阪神西宮  930円

 

f:id:shioshiohida:20210125171553j:plain

ならまち「蔵」に17時入店、コの字カウンターで名居心地の店です。

 

以下、写真日記を追ってキャプションつきでアップ予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

f:id:shioshiohida:20210125104130j:plain

朝ごはんは鮭、洋風にグリルしたもの。

f:id:shioshiohida:20210125125732j:plain

阪神西宮から乗り換えなしで大和西大寺駅へ

f:id:shioshiohida:20210125130853j:plain

サザンカ咲く

f:id:shioshiohida:20210125130804j:plain

平城宮の敷地内に赤い花の垣根

 

近鉄電車の車窓から見え隠れする平城宮跡へ行ってみた。

確か中国は唐の都を模して造られたという。

まさに中国!

展示施設も充実してるので天平時代の小説を読んでからここに来たら楽しめるだろうな。

帚木蓬生の「国銅(こくどう)」は大仏建立の話だった。

まだ読んでない。

ことしの課題図書にしよう。

f:id:shioshiohida:20210125131047j:plain

西大寺の駅から10分もかかりません。

f:id:shioshiohida:20210125131440j:plain

大極殿(だいごくでん) 威風堂々のシンメトリー こんな巨大なものが奈良時代にあったのだろうか?

f:id:shioshiohida:20210125132855j:plain

こんな広大な土地が奈良の中心部に残っていたのかと驚く。奈良だから残ったのかな?

f:id:shioshiohida:20210125131846j:plain

復元事業は続いてます

f:id:shioshiohida:20210125132754j:plain

南門復原中

f:id:shioshiohida:20210125133519j:plain

朱雀大路の広さは大陸的 両サイドには展示施設がある

f:id:shioshiohida:20210125133306j:plain

朱雀門 中国の皇帝が登場しそうだ

 

秋篠川沿いの自転車道を走る。

この道はかつて2013年と18年に走っている。

f:id:shioshiohida:20210125135408j:plain

大宮通りと西へ戻り、秋篠川を南下する

f:id:shioshiohida:20210125135431j:plain

のどかな秋篠川の冬の風景 何年か前にこの自転車道を天理まで走った

f:id:shioshiohida:20210125152246j:plain

橋を渡ると唐招提寺

f:id:shioshiohida:20210125135222j:plain

2013年5月に訪問した唐招提寺 拝観料1000円なので回避しました

f:id:shioshiohida:20210125141508j:plain

さらに南下して…大池の畔から東方面を見ると…

f:id:shioshiohida:20210125141604j:plain

2つの塔が建つ寺 薬師寺です

f:id:shioshiohida:20210125145003j:plain

左が東塔、中央に金堂、右が西塔 見事なシンメトリー

f:id:shioshiohida:20210125143841j:plain

フェノロサが「凍れる芸術」と言ったか言わなかったかと言われる東塔 国宝です

f:id:shioshiohida:20210125143547j:plain

この金堂の中にあるのは薬師如来、これも国宝

f:id:shioshiohida:20210125144121j:plain

金堂の背後には講堂 中国色が濃い

f:id:shioshiohida:20210125151445j:plain

西ノ京 薬師寺を後にして奈良中心部へ移動する

f:id:shioshiohida:20210125153755j:plain

市役所エリアにあった巨大な蔦屋書店、迷子になりそう。コロッケを食べた。

 

薬師寺に続いて第2の目的地 興福寺。

再建された中金堂、数多ある国宝を見ようと思ったが時間がなく国宝館は諦めた。

観光客はまばら、土産物屋もシャッター通りになっていた。

シカとスターバックスだけが賑やかでした。

f:id:shioshiohida:20210125161717j:plain

興福寺猿沢の池 トイレの周辺

f:id:shioshiohida:20210125161922j:plain

小6の僕が修学旅行で見た風景 猿沢の池と五重塔

f:id:shioshiohida:20210125162536j:plain

野生動物とコーヒーが飲める世界でも稀有なスターバックス

f:id:shioshiohida:20210125162348j:plain

野生なものでいろいろと注意書きが各国語で記してある。外国人あんまりいないけど。

f:id:shioshiohida:20210125162408j:plain

かなり凶暴なようです。

f:id:shioshiohida:20210125162617j:plain

わがもの顔です。

f:id:shioshiohida:20210125162324j:plain

シャッター通りの土産物屋

f:id:shioshiohida:20210125163003j:plain

またしても「出たな国宝!」東金堂と五重塔 室町時代に再建された。

f:id:shioshiohida:20210125163306j:plain

国宝 北円堂 鎌倉時代に再建された。

f:id:shioshiohida:20210125163841j:plain

出来たてのホヤホヤ、中金堂です。

f:id:shioshiohida:20210125170333j:plain

猿沢の池が黄昏色に染まる。

 

平城宮跡、薬師寺、興福寺と見て歩き、最後は奈良で吞む。

かつて3度訪れた名店「蔵」へ行く。

4度目に入ろうとしてあまりの混み具合と変容ぶりに落胆した記憶あり。

超人気店になってて予約がなければ当然入れないと門前払いされた。

最初に訪れて独酌した時とのアットホームな雰囲気との落差。

コロナ禍の今はどうなんでしょ?

 

先ずはここで「やまとのどぶ」を購入。

f:id:shioshiohida:20210125161426j:plain

「なら泉勇斉」かつては「ささや」と呼ばれてい立ち飲みの出来る酒屋(今は中止)

 

午後5時開店、5分後に入る。

口開けの客となりコの字のカウンターの最奥に座る。

最初に来たときと同じポジション。

f:id:shioshiohida:20210125183247j:plain

なら町の居酒屋「蔵」

f:id:shioshiohida:20210125171553j:plain

いい雰囲気でしょ。

最初に来たのは2011年6月、10年前だったか。

確かキングと竹原ピストルのライブに行ったあと、遅めの時間に来たのだ。

2011/6/28 夾竹桃のトンネルを抜けると…奈良町で呑んでました。 - ぷよねこ減量日記 clasic

二度目が翌年、独酌でした。

2012/1/18 なら独酌@「蔵」 - ぷよねこ減量日記 clasic 2009/5-2016/1

三度目はキングとA部氏とで来たのでした。

 

ハートランドビールを飲みながらキモ焼き小を待つ。

吞んでいると妙齢の女性の一人客がカウンターの向かいに座る。

篠峯とお造り盛り合わせ、日本酒をもう一杯とおでんでさっと帰る。

粋ですね。

f:id:shioshiohida:20210125182004j:plain

篠峯を先にいかれてしまったので儀助をいただく。

 

きも焼きはメニューに英語でStewd Liver とある。

焼くではなく、煮こむ料理なのだ。

f:id:shioshiohida:20210125172941j:plain

「山椒は大丈夫ですか?」と聞かれる。「大好きです!」

f:id:shioshiohida:20210125180159j:plain

おでん鍋が美味しそうだったので大根、ひろうす、卵

酒はハートランドグラス、儀助、冷や(常温)の貴仙寿の3種。

料理はきも焼き小とおでん3種。

9年ぶりの奈良独酌、いい気分で締めました。

ブロンプトンを折りたたみ近鉄阪神直通電車で西宮駅へ帰る。