2020/05/27 Wed. 愁いを含んで、ほのかに甘く

昔の日本映画の記事を読んでたら…芦川いづみさんはまだご存命だろう、かと思った。

1935年(昭和10年)生まれ、うちの母と3つ違い。ことしで85歳になられる。

「愁いを含んで、ほのかに甘く」とはよく形容したものです。

芦川いづみ 愁いを含んで、ほのかに甘く

芦川いづみ 愁いを含んで、ほのかに甘く

  • 発売日: 2019/12/09
  • メディア: 単行本
 

 

この人ほど可憐という言葉が似合う女優さんはいない。

まさに和製ヘップバーン。

夫は藤竜也(78)、6つ年上の姉さん女房だ。

f:id:shioshiohida:20200527215923j:plain

この可憐な少女がいまや八十代か…。

今の女優さんなら中村ゆり、星野真里、阿部純子タイプでしょうか。

小動物系の。

f:id:shioshiohida:20200527215917j:plain

昔の女優さんって感じがしないのはなぜだろう?

 

f:id:shioshiohida:20160101173700j:plain

「幕末太陽伝」では薄倖の女中役、そして女郎に…しかし、という役を演じた。

f:id:shioshiohida:20200529134615j:plain

カリスマ的な人気がある。