2019/12/05 トナラー禍

7時起床のはずが30分寝坊。

iPhoneの小鳥のさえずりが全く聞こえなかった。

I 田のナレーションをチェックする。

多少の手直し。

あれ? プロフィールベースの映像がない!

後の祭り。

なんで気がつかなかったのか。

 

午前8時過ぎの朝ごはん。

普段は朝は軽くトースト1/2程度で11時半〜12時でフルランチを食べる。

それが習慣になってるのでこの時間のフルめの量は正直ツライ。

今朝はステーキ丼。

新メニューでした。

 

f:id:shioshiohida:20191205092050j:plain

朝8時のステーキ丼、テレビで見たレシピで作ったそうな。

I 田がバトスタ仕事でいないので代打。

ちょっと苦労してナレーションを録りおわる。

デスクでWEB仕事をして、ミックスをチェック、いつのもフロー。

テープ搬入に行くと担当者不在で時間が空く。

30分だけ仮眠室で横になる。

 

13時半頃、ランベースへ行く。

ロッカールームへ入って着替え始めるとすぐにもう一人の客が来る。

30代後半くらいで出張なのかアルミかジュラルミンか合金のキャリーケースを持っている。

彼が僕からひとつだけ空けて隣のロッカーを使う。

平日昼間、がらーんとしたロッカールームなのに…。

窮屈なことこの上ない。

ときどきいる。

映画館でも、トイレの便器でも、すぐ隣りに来る奴。

距離感覚が僕と違う人種。

隣の“ トナラー ”というらしい。

あっちいけよ空いてるやん、とも言えず。

それが原因ではないけどランも調子が出ない。

天満橋まで往復する。

帰って来たら…トナラーもちょうど走り終えてた。

そそくさと先にシャワーを使う。

予想はついた。

シャワールームは6つある。

僕が出るとそいつは隣りでシャワーを浴びていた。

トナラーの面目躍如。

ちょっと嬉しくなった。

 

f:id:shioshiohida:20191205161039j:plain

大坂城公園の銀杏並木も終盤です。

f:id:shioshiohida:20191205153553j:plain

落ち葉の季節にはサイモンとガーファンクルが似合う。

 

4時過ぎからはバトスタ仕事。

ナレーターBちゃんのお世話係、というか選手のアテンド&サブカメラ。

小一時間バタバタと動いて終了。

 

f:id:shioshiohida:20191205161742j:plain

50年前、ここには何もなかった。

 

尼崎で途中下車、ユニクロでネット購入しておいたルームウエアをピックアップ。

飲まない予定だったが…スシローへ行く。

カウンターで独酌。

今日は一日動いたのでご褒美と日本盛の大吟醸(580円)をおごってしまう。

つまみは鮪の唐揚げ(100円)と茶碗蒸し(190円)。

これなら千円で済む。

シオダヒロシ75歳、無収入になった老後をイメージして飲む。

でも、それだけで済まなかった。

一貫づけのインド鮪ねぎとろ手巻きとは雲丹の手巻きとか、

定番の真いかにぎりとか卵焼きにぎりとかコーンサラダ軍艦巻きとか。

消費税込みで2000円超でした。

 

f:id:shioshiohida:20191205211617j:plain

日本盛の大吟醸、ま、普通でした。

サイゼリヤとかスシローとか吉野家にはよく行く。

いつも一人だ。

誰かと行くことはほとんどない。

安いのに越したことはない。

でも、それだけが理由じゃない。

誰と会話しなくても済む気楽さ。

安価で手に入る思索の時間。

 

f:id:shioshiohida:20191205215114j:plain

川の流れを岸辺で見る これも「断片的なものの社会学」か。

 

カウンターの隣りに大柄で着ぶくれした男が坐る。

坐るなりお茶を注ぐと手慣れた様子で続け様にタッチパネルで注文する。

ゲームみたいに連射。

酒は飲まない。

注文の品が回ってくると、「う!」とか「あ!」とか意味不明の言葉を発する。

そして、食う。

食いながらタッチパネルを操作する。

注文品が来る。

「お!」「う!」「あ!」と発して食う。

そして、タッチパネル。

f:id:shioshiohida:20191205215120j:plain

ひたすら注文連射、そして意味不明のうめき声。

隣にゴリラがいるみたいな気分になって落ち着かない。

食べる&タッチパネル、合間に「う!」

気になる。

せっかくの思索の時間が乱された。

きょうはトナラー禍。