2019/11/24 Sun. 変わるものと変わらないもの

6時半起床、iPhoneのアラームで起きる。

珈琲を淹れて、ぬるめの朝風呂につかり、日記を書く。

7時半から大阪マラソンの市民ランナーVTRの構成を考える。

怠け心を抑えて、とっととやらないと楽しみが蒸発してしまう。

 

阪神電車で西宮駅から東花園駅まで尼崎で乗り換え1回で行く。

トップチャレンジリーグの近鉄対豊田自動織機@東大阪花園ラグビー場。

豊田自動織機という会社は僕の育った刈谷市の今はなき実家から徒歩圏内にある会社。

そこのラグビー部が僕の永らく取材してきた近鉄ライナーズと試合をする。

そして、今日はなんと言ってもトンプソンルークの花園ラストマッチだ。

ラグビー場へ近づいて驚く。

ワールドカップ並、いやそれ以上の長蛇の列。

f:id:shioshiohida:20191124122930j:plain

花園総合運動公園、桜並木の向こうに人、人、人 !!!

f:id:shioshiohida:20191124123120j:plain

ワールドカップ、もう一試合って?

久々に花園のバックスタンドでうどんを食べた。

あんまり美味しくなかった。

硬めの冷凍うどんが旨かったのに。

出入り業者が変わってしまったんだな。

以前は近鉄系だったけど所有者が東大阪に替わったもんなと。

 

今日の試合はトンプソンルーク花園最後の試合。

嫁も、吉田正男も、観に来ていた。

試合内容はともかくチャレンジリーグの試合に15000人以上入った。

 

f:id:shioshiohida:20191124150452j:plain

メインスタンド ワールドカップ時の記者席は取り除かれていた。

f:id:shioshiohida:20191124150439j:plain

タテ位置のスタンド コーナーは立ち見席戻っている。

f:id:shioshiohida:20191124150430j:plain

バックスタンド

f:id:shioshiohida:20191124141611j:plain

近鉄が序盤から攻め立てる。1番山口、5番ストーバークと連続トライ。

f:id:shioshiohida:20191124141001j:plain

トンプソンのリフト、これまで何度見ただろう。これが最後か…。

f:id:shioshiohida:20191124144638j:plain

4番トンプソン、5番ストーバーグ 最強のロックです。

関西ラグビー協会の理事長に挨拶したり、バックスタンドの旗振りオヤジに挨拶したり、

iPhoneで撮った動画をアップロードしたり、記者会見のメモを記事にしたりで。

なんやかんやしてると詳細に書き記すことが追いつかない。

f:id:shioshiohida:20191124155230j:plain

下部リーグながら花園は15000人超、この人数の歓声はいい。

 

トンプソンはいつまでもファンにサインしていた。

記者会見が終わってもまたピッチに戻っていつまでもサインしていた。

きょうが特別な日ではあるだろうけど、今までのどんな試合でもそれは同じだった。

彼のプレーと同じように。

f:id:shioshiohida:20191124165611j:plain

ほとんどトンプソンのマネージャー化していたトーエツ


テレビカメラの取材合戦には正直ついていけない。

ミッションがあればアドバンテージはあるので頑張るが幸か不幸かミッションはない。

「おまえら去年まで一度も近鉄ライナーズの試合なんて見に来たことなかっただろ」

ま、僕もかつては同じ穴の、ですが。

細々と10年近く続いてるというのが生命線。

 

f:id:shioshiohida:20191124180015j:plain

花園ラグビー酒場にのれんがかかってない。でも、濃い人影が…。

ラグビー酒場に立ち寄ったら…立錐の余地もないくらいだったこと。

そこにNHKの取材でトンプソンが来ることになっててそそくさと立ち去ったこと。

局に帰り、地道にインタビュー記事をアップしたこと。

旗振りオヤジとアイコンタクトした。

時代は変わってしまいましたな、と。

身勝手な思いだけどさみしい。

日本代表が弱かったあのころが懐かしい。

さみしいスタンドの陽だまりにぽつんと座りラグビーの試合を観ていたい。

若きトンプソンは今と同じく黙々とタックルしていた。

それを14年続けている。

これでラグビーがメジャーになるかはわからない。

時代は変わってしまいましたな。

でも、それでいい。

 

帰宅して無性に飲みたくなる。

残っていた仕込み六號とオルビエートの白を飲む。

写真を整理していたら眠くなる。

あすは早い。