2019/6/28 とっとと

 

f:id:shioshiohida:20190628112935j:plain

くちなしと対照的なイメージの花アガパンサス、同じ季節に咲く。


こうして今使っているiMacを更新したいと思っている。

買い換えの理由は…ある。

今ほとんどの仕事を自宅iMacでしている。

4年使ってきて、かなり動きが遅くなってるし、いずれ買い換えなければいけない。

この先考えてる仕事や作業を考えるとスペックを上げたい。

そして、何よりこの更新を起爆剤にしていままで先送りにしてたことを始めておきたい。

(なんかオリンピックや万博みたいでその後が恐いけどね)

そう、もう先延ばしにするような歳ではないということですよ。

 

具体的に予算も立ったし、新しい機種も買う店(サイト)もほぼ決めている。

この一ヶ月、その作業を楽しみにしていろいろと楽しんでいる。

さあ、買い換えよう。

と思うのだがなかなか動かない。

困ったものだ。


きのう古いiMacを下取りしてもらおうと約束しているT夢に言った。

「前回は壊れたから問答無用で更新したけど、普通に使えてるから、買い換える圧がないんだよね」

思えば2015年夏も、その前の2008年も使えなくなってからあわてて買ったんだよな。

ブランクの期間はノートでつないで。

「なんかそれって改元みたいですね。昭和から平成は問答無用でしたもんね」

そうだね。

 

iMacの更新は象徴的な案件だけど、去年の夏にこんなことを思ってたのを思い出した。

そうだよね。

植えるのを先延ばしにしていたら、収穫するたのしみも味わえないということになる。

これは間違いない真実です。

 

不思議なことにもう先が見えてると実感してるはずなのに…

先延ばしにしなくてもすぐできることも、既に決めてることも、ぐずぐず先送りしてる。

先に進むと残り時間も減っていくような感覚があるのかな。

現実は何もしなくても残り時間は確実に減っているのだけど。

やっぱり前に進まなきゃと思う。

期限を決めて、さあ今からとりかかろう。

思いついたことから とっととやろ、ってころです。