2019/4/26 少なくなにかをする

 

  できることの少ない日は、少なくなにかをする。

       (糸井重里「ボールのようなことば」)

 

きのう、3軒ハシゴ酒をして、あげくに環状線を一周し、帰宅が翌日だった。

夜明けに吐き気がして、やがて膨満感になり、一日が無駄に消えた。

特に予定がない、ということが仇になってしまった。

たまにこういうことはある。

もう終わりが見えつつある人生での一日の損失、がっかりする。

 

夕方、ロードバイクで図書館へ行く。

2冊返して4冊借りる。

スターバックスへ行き今日初めての珈琲を飲みながら本をパラパラやる。

f:id:shioshiohida:20190426183745j:plain

 

水丸さんの「東京美女散歩」は分厚い本だ。

2009年から2013年に小説現代の連載された東京散歩エッセイ。

水丸さんが亡くなったのが2014年3月だから、亡くなる1年前まで書いていた原稿だ。

最後は八丈島を歩いている。

他には 松浦弥太郎の「男の一流品カタログ」、登山ガイド分県シリーズの新潟と鳥取。

 

スターバックスのテラスルームは温室みたいに全面ガラス張り。

夕立があって季節が逆戻りしたように寒くなった。

冬みたいな北風が囂々と音をたててテラスルームを揺らす。

帰宅して熱いフカヒレ雑炊を食べた。

 

散歩についてきたこの子たちも心配そうだった。

f:id:shioshiohida:20190426183803j:plain

 

膨満感で午前中は横になっていた。

その分、深夜に眠れない。

amazonプライムで肩の凝らない映画を見よう。

2009年の作品「ゾンビランド」にする。

豪華キャストだ。

「ソーシャルネットワーク」のジェシー・アイゼンバーグ、ご存知ウディ・ハレルソン、

エマ・ストーン、アビゲイル・ブレスリン、ビル・マーレイが本人役で出演している。

f:id:shioshiohida:20190427014634j:plain

f:id:shioshiohida:20190427014642j:plain