2019/2/28 ひとり吞む、京都

京都のBARで、埼玉出身のバーテンダーが、秩父のシングルモルトを飲ませてくれました。

やっぱりちゃんと作ったウイスキーのオン・ザ・ロックは美味い

ストレートにだってレシピがあるのだ。

いいお酒はたまにはこんなBARでいい飲み方でやりたいな。

f:id:shioshiohida:20190228172925j:plain

 

午後4時半の洛中、一杯目はショートカクテルのピンクジン。

ロバート・キャパが愛したカクテルだっけか。

名前から甘ったるいイメージですが超ドライなお酒です。

キンキンに冷やしたジンとアンゴスチュラ・ビターズをふったもの。

香りづけですね。

とにかく冷たいジンは美味い。

f:id:shioshiohida:20190228163630j:plain

アイルランドではアイリッシュウイスキーをギネスをチェイサーにして飲むと

“こころに強い三角形ができる” なんて言われてるらしい。

何かの本で読んだきおくがある。(怪しいけど)

ただの酒好きじゃないかとしか思えないけど。

でも、なんとなくわかる。

実はきょうは京都でひとり飲もうと思っていた。

でも、体調が、というより、期待してたほど、飲みたいな って気が失せていた。

赤垣屋や、遊亀、壱、すいば などいろいろと思い浮かべたけど開店まで1時間以上ある。

だんだん疲れてきちゃう。

そこで、“こころに強い三角形ができる” を思い出す。

ちょっと強い酒精で刺激を与えてやろう。

それで元気にならず、ダメージだけなら帰ろうと。

 

で、ピンクジン。

なんか…元気になりました。(笑)

そこからウイスキーを2種類、ストレートとオン・ザ・ロックで飲む。

(何を飲んだかは追記します)

元気になったので六角富小路の立ち吞み「すいば」へ行く。

日本酒を2種類、伏見の「蒼空」と滋賀の「笑四季」うすにごり。

一人飲みに最適な量の、豚と白菜の炊いたんとか、海老芋の田楽とかで飲む。

 

 

朝から雨、朝イチでナレーション録り、昼イチで京都三十三間堂で撮影の下見。

三十三間堂、もしかしたら小学校の修学旅行以来か?

f:id:shioshiohida:20190228133826j:plain

 

京の五条の橋の上。

f:id:shioshiohida:20190228141612j:plain

 

五条大橋から上流を眺む。

鞍馬方面と右手には雲をまとった比叡。

f:id:shioshiohida:20190228141729j:plain

 

京都駅〜七条の三十三間堂〜五条大橋〜三条 WALKしました。

三条大橋西詰めのスターバックスでブレイク。

f:id:shioshiohida:20190228160505j:plain

 

 

 

f:id:shioshiohida:20190228163630j:plain

f:id:shioshiohida:20190228170545j:plain

f:id:shioshiohida:20190228172925j:plain

f:id:shioshiohida:20190228173127j:plain

f:id:shioshiohida:20190228184012j:plain

f:id:shioshiohida:20190228184125j:plain

f:id:shioshiohida:20190228190039j:plain

f:id:shioshiohida:20190228191028j:plain

 

「たすく」はきょうはお休みかな。

f:id:shioshiohida:20190228193103j:plain