2018/10/15 @兵庫県立西宮病院

体重は69.95キロと微増。

いまは体重を気にしてる場合じゃないので。

朝イチで県立西宮病院へ行く。

いつ以来だろう?

2004年に高血糖で入院した。

2009年から2010年にかけてアメーバ腸炎に罹ったときに治療に通った。

そのとき大腸内視鏡検査を4ヶ月で3回した。

2010年4月に「終診です」と言われて以来か。

いや、ヒロが乳がんの手術をしたのが2011年の11月11日(憶えている!)

そのとき退院した日以来の8年ぶりか。

また来てしまった。

図らずも。

f:id:shioshiohida:20181015085207j:plain

 

午後近くなるとここは満席になる。

県立の総合病院はとにかく混む。

一回の診察で検査がつこうものなら5時間くらいは覚悟しないといけない。

ここ数年、総合病院に来ずに済んだのは幸運だと思う。

f:id:shioshiohida:20181015085214j:plain

 

こいつも付き添いで来た。

僕が入院したときも、ヒロが入院したときも病室で一泊ずつしたね。

f:id:shioshiohida:20181015085251j:plain

 

紹介状をもって行く。

毎度ながら県立総合病院は激しく混んでいる。

脳神経外科の医長のSという医師。

僕が怪我の状況を説明してるのになぜか気もうつろ。

腫れた目を見て、見え方はどうですか? 医師の顔を見つめる。

何か違和感を感じる。

目がうつろなのだ。

僕じゃなくて医師が。

いったん席を立って戻ってくる。

パソコンのCTの画像を見ながらじっと15秒くらい動かない。

何だ?

画像を精査している様子ではない。

睡魔に襲われているような。

S医師は自分の前頭部に手を当ててしばらくそのまま。

何だ?

すると「M!ちょっと」と隣の診察室に声をかける。

Mと呼ばれた白人の医師がすぐにやってきた。

「すまんけど眩暈がとまらないんだ。ちょっと診察かわってくれるか」

 

で、僕はとなりの診察室に移った。

S医師はそのまま横になる。

僕のCT画像に何か異変があったのかと勘違いの段。

 

M医師は替わりの医師を手配すべく看護師に指示してから僕の診察。

CTをいろいろ診ては脳に異常はないですねと。

怪我はどこで?

ラグビー場の階段で。

神戸製鋼?

そうです。

ダン・カーター?

そう、でも1秒も見てないです。

ダン・カーターは僕と同じマンションです。何度か立ち話しました。とてもいい人。

それは素晴らしい。先生はニュージランド?

そうです。

と話が弾む。

ま、これも縁かなとひとりごちた次第

 

24日に抜糸、来月5日にMRI検査。

MRIはやろうと思ってたが、保険治療で出来るならやりたい。

脳こうそくが見つかるかも。

 

滞在4時間ほど。

脳神経外科前で1時間半、会計で30分待ち。

ウエルシアで縫合跡を隠す大型のバンドエイドを買う。

縫い目は石鹸で洗って水を流していいそうだ。

13時過ぎに帰宅する。

撮影した映像をハードディスクにコピーしてrtvに宅配便で送る。

 

夕方、グリーンベリーズへ一人で行く。

iPhoneは持たずに。

読書にひたりたい。

f:id:shioshiohida:20181015182846j:plain

 

ハイネケン小瓶とプラコップ。

女子大生かな、美人が正面。

f:id:shioshiohida:20181015173607j:plain

 

ポアオーバーのグアテマラとスコーン。

f:id:shioshiohida:20181015175835j:plain

 

「雨降る森の犬」を読んでたら馳星周の山ものの小説が読みたくなる。

ブックオフへ寄ってみた。

山というより犬の本だった。

「雨降る…」の犬、ワルテルは作者本人の愛犬だったのだ。

「走ろうぜマージ!」は癌に冒された愛犬との最後の夏を描いたエッセイ。

「ソウルメイト」は犬の小説でここにもバーニーズが登場する。

f:id:shioshiohida:20181017131203j:plain

 

美しい落日 フロム 自宅の玄関でたとこ

f:id:shioshiohida:20181015171922j:plain

 

リクエストしたおでん鍋も第2ステージ、うどんとゆで卵投入。

f:id:shioshiohida:20181015192846j:plain

 

緑黄色野菜もたっぷりと。

f:id:shioshiohida:20181015192823j:plain