2018/8/13 お盆は引き籠もるに限る…。

DVDで「ジョゼと虎と魚たち」を見た。

印象に残ったのは初めて海を見たジョゼと行きずりのサーファーに写真を撮ってもらうシーン。

「半押しでピント合いますから…」と恒夫が言う。

シャッター音。

冬の海、逆光、怒ってるようなジョゼ。

二人ともおそらくこれが最初で最後の旅だと知ってたのだ。

f:id:shioshiohida:20180813231710j:plain

 

このところ甲子園には出かけるけど、ほぼ引き籠もり。

とりたてて圧のかかる仕事はなく、自主性に任されている仕事ばかり。

まあ、干されているのだ。

朝と昼が疲れている。

夕方以降はそうでもない。

疲労は筋肉疲労ではない。

当たり前だ。

運動はしていない。

どちらかというと内臓、肝臓や腎臓の機能低下。

倦怠感、そんな身体感覚がある。

メンタルがやられる。

かつて血糖値が爆発的に上がったときはこれの重度の症状だった。

今は…血液の数値にシリアスな問題はない。

夕方から夜にかけて元気になる。

昼寝をするせいかもしれない。

何が問題なのかな。

夜の睡眠で疲労回復が足りてないのだろう。

 

水分のとり過ぎで内臓が疲れているかも、とも思う。

アルコールはそれほど飲まないし飲めない。

缶ビール1本ほどがデフォルト。

飲もうと決めた日は缶ビール換算で3〜4本。

水中毒というのがあるらしい。

脱水にならないように水分をとれというのはわかるが、摂ると水だって消化しねければいけない。

家にいても水分は摂る。

ウイキルンソンの炭酸水、緑茶、麦茶、珈琲、牛乳。

常に何かを飲んでいる。

夏以外の季節ではあり得ない量。

内臓のフィルター機能を酷使する。

疲労がとれない。

 

お盆の時期、例年は何をしているのか?

2009年まで遡ってみたら…まあたいしたことはしてないね。

開き直るか。

 

 きょうまたベーグルを焼いた。

4度目かな。

6個中、僕が5個成形した。

出来が悪いのは一目瞭然。

f:id:shioshiohida:20180813153926j:plain

 

DVDで「天然コケッコー」を見た。

NHKの地域発ドラマ「ワンダーウォール」を見た。

やっぱり脚本がいいと思った。

というか好きだと。

「火の魚」「その街のこども」「カーネーション」の渡辺あやだった。

そういえば「ジョゼ」を見てない。

ジョゼ=池脇千鶴

「そこのみにて光輝く」「怒り」「きみはいい子」「万引き家族」「凶悪」

恒夫=妻夫木聡

最近「奥田民生になりたいボーイと…」を見た。

「悪人」「ジャッジ」「怒り」…ツマブキも結構見てるな。

f:id:shioshiohida:20180813231704j:plain

 

これはちょっといびつに見えるけど意外に“ピュアな恋愛映画” だと思った。

乾いた喪失感も、心地よい切なさも好ましい。

激情は二人とも自分の中で抑えこみ別々に生きていく。

最後に恒夫がこんなことをつぶやく。

「別れても友だちになれる種類の女の子もいるけど、ジョゼは違う。

 僕がジョゼに会うことは、もう二度と無いと思う。」

このセリフは田辺聖子の原作なのか、渡辺あやの脚本なのか。

 

冬の海辺のシーン、淡いトーンでフランス映画みたいだ、と思ったら…

マリオン・コティーヤールのこの映画を思い出した。

f:id:shioshiohida:20180813231708j:plain

 

結局、きょうも籠もる。

午後おそくソファでコアラになる。

どこへも行かない。

昼前に腕立て伏せを40回して、プールを歩いたくらい。

夕食はシンプルにスパゲッティ。

 

ボロネーゼ。

f:id:shioshiohida:20180813190847j:plain

 

ナポリタンはウインナーで。

f:id:shioshiohida:20180813190838j:plain