2018/6/2 入梅前の青空の下で

こんなに爽やかに晴れたりすると返って焦る。

去年も梅雨入り前にこんな日が数日あったような記憶がある。

そうだ、去年の6月2日は早く逝ってしまったUのお別れ会があった日だった。

こんなことを書いた。

4月に亡くなったUのお別れの会があった。
3日前までの予報がはずれ、透みきった初夏の青空が広がった。
空気は爽やかで日差しもやわらかい。
会場となった谷町四丁目のポスプロには多くの人が集まった。

飾られたUのコラージュの一枚一枚の写真は時代の空気や色や匂いを閉じ込めている。
僕を含め 集まった人たちのほとんどが故人と同年輩。
同じ時代、同じ季節を生きてきた。
みんな一様に年老いて、一様に疲れた顔をして、何十年ぶりかの再会に言葉をかわす。
ずいぶん遠くへ来てしまった……。
諦念を白髪と顔のしわに漂わせてビールを飲んだ。
多くを語るまい。
Uのところまで行くのにそれほど遠くない時代を生きている。

puyoneko2016.hatenablog.jp

 ブロンプトンでどこかへツーリングしたいな、と思っていたけど

爺なので少し疲労感があって、それだけで回避モードになって挫ける。

でも、まあいいさ。

自宅周辺の海辺もなかなかいい。

土曜日だし人出も多いしと自分を正当化してツーリングをやめる。

で、芦屋浜の岩壁でこんなシルエットで和んでます。

f:id:shioshiohida:20180602182151j:plain

 

早くに出ると宣言していたので朝はベーグルと野菜スープ。

これも好きだからいいけどね。
f:id:shioshiohida:20180602090508j:plain

 

でも、一旦外出する。

ヒロは中学の同窓会で神戸の布引ハーブ園へお出かけ。

毎度、段取りの悪い幹事主催なので帰って来たらボヤキ必至なのだけど。

尼崎のユニクロで限定価格の時に購入したEXドライストレッチアンクルパンツなどを引き取る。

すぐに帰ろうと思ったが梅田まで出てモンベルへ行く。

山に登る予定はないのだけど欲しいものがいくつかある。

そのうちの一つをほぼ衝動買いしてしまう。

ザックに入れて持ち運び出来て、ハイバックなので居眠りくらいは出来る、というチェア。

重さはほぼ1キロ。

イメージとしてはブロンプトンのフロントバッグに常時積み、

好きなところで缶ビールタイム

webshop.montbell.jp

帰宅してデスク周り、衣類、靴箱の整理をする。

性分なので仕方ないけど靴が野放図に増殖する。

ランニングシューズ、トレッキングシューズ、たまに安物の革靴。

ソールの減ったHOKAクリフトン(2年使用、フルマラソン1回 ハーフ4回)と廃棄する。

ご苦労様、これを履いて走った四万十桜マラソンは僕のベスト記録です。

f:id:shioshiohida:20180602153840j:plain

 

5年前あたりはメインの登山靴だったゴローのトレッキングシューズ。

いつのまに足型に合わなくなってきた。

汚れも取れにくい。

ことし買ったモンベルのミドルカットとザンバランの登山靴(ソールを貼り替えた)で事足りる。

f:id:shioshiohida:20180602154107j:plain

 

購入したら使いたくなる。

通勤自転車で南芦屋浜(潮芦屋)の堤防まで行った。

コールマンほどの座り心地はないけれど座面が低くて楽。

ハイバックなので頭も預けられる。

空を見上げル感じ。

居眠りできるチェアです。

f:id:shioshiohida:20180602175446j:plain

f:id:shioshiohida:20180602180958j:plain

f:id:shioshiohida:20180602183843j:plain

 

パッキングするとザックに楽に入る大きさ。

ブロンプトンなら常時携帯できる。

さて、どこで居眠りしようかな。

思えば1989年に自転車でイングランド、アイルランド、スコットランドを回ったときに、

何軒ほどのパブでビールを飲み、何時間ほど昼寝をしただろうか。

f:id:shioshiohida:20180602181106j:plain

 

ヒロが同窓会で撮ってきた一枚。

神戸港町の画、なかなかの構図。

f:id:shioshiohida:20180602114031j:plain