2018/1/14 ピッチに立たなかった一日

写真を撮らなかったので昨日撮った一枚。

近鉄ライナーズがトップリーグから降格した。

リードされた後半、ピッチサイドに立つ控え3選手のシルエット。

タウファ統悦(37)、佐藤幹夫(38)、重光泰昌(38)

10年前、ライナーズをトップリーグに押し上げた立役者たち。

近鉄一筋のベテランたちの背中から、情念が立ちのぼるかのようだ。

f:id:shioshiohida:20180113124422j:plain

 

今日から特番仕事を本格的に始める予定だった。

ところが、体調が悪い。

舌先にヘルペスができている。

自覚症状はないが念のために血圧を測ると150を超えている。

走れないことはないが無理するつもりはない。

昨日は3つの案件を掛け持ちして疲れたのだと診断する。

特番仕事には二種類ある。

時間をかける単純作業 と 集中を必要とする作業。

時間をかける作業を済ませておこうと思うもののグランドプランが出来ていない。

いつのもように締め切りからの逆算作業になってしまう不安は隠せない。

それで自分にまとめきれることが出来るだろうかという不安も。

体調が優れないまま午後になり女子駅伝を見始める。

今日はピッチに立たないことを選択した。

昨日と3日前、帰りの電車を乗り過ごし帰宅が深夜になった。

あれをするとダメだ。

翌日が使いものにならない。

きょうは身体を休める。

 

夜、オンデマンドでブラタモリの宝塚編を観る。

宝塚をぶらぶらと歩いてみたくなった。

来月、「永遠のジャンゴ」が塚口サンサン劇場でかかる。

その前後に歩いてみようかと思う。