読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/7/6 クマゼミの鳴くころ

クマゼミが鳴き始めた。

梅雨は明けたか?

まだナレーションが書けない。

何やってんだ?

音楽の方が先についてしまった。

前代未聞!

 

今日も一本映画を観た。

「フラワーショウ」@リーブル梅田

アイリッシュ女子、植物、チェルシーフラワーショウがキーワードの映画。

今日も晴れて暑い。

映画を見終わったらスカイビルの下にワイルドガーデンがある。

余韻に浸る。

映画は…うーむ、イマイチだったかな。

映画にワイルドフラワーの象徴として登場するのがサンザシの花。

聞いたことはあるけど…どんな花だっけ?

f:id:shioshiohida:20160706140920j:plain

 

 「フラワーショウ(原題はDare to be wild)」@リーブル梅田 割引券で1000円。


7/2(土)公開 『フラワーショウ!』予告篇

 

アイルランドの田舎で育ったメアリー(エマ・グリーンウェル)には、

自分のデザインした庭で世界を変えるという夢があった。

その夢を叶えるため、有名なガーデンデザイナーのシャーロット(クリスティン・マルツァーノ)の

アシスタントに応募したメアリーは晴れて採用されるが、高慢で貪欲なシャーロットにコキ使われた挙句、

長年書き溜めていたデザインノートを盗まれ、クビにされる。

どん底のメアリーは、世界中が注目するガーデニング世界大会『チェルシー・フラワーショー』で

金メダルを獲ることを思いつく。コネもお金も経験もない彼女だったが、

わずか8枠に殺到した2000人の応募者の中から合格する。

ヒッピー風の庭師や密かに想いを寄せる植物学者クリスティ(トム・ヒューズ)らで寄せ集めチームを結成し

、チェルシー・フラワーショーへ乗り込んだメアリーたち。

あえて華やかな花を使わず、雑草とサンザシの木だけという型破りなアプローチで挑むが……。

 

 

 f:id:shioshiohida:20150331150305j:plain

f:id:shioshiohida:20160707094924j:plain

f:id:shioshiohida:20160707094926j:plain

f:id:shioshiohida:20160707094925j:plain

 

7月に入って初めて走る。

大阪城ホールはイエモンのライブコンサート。

 

f:id:shioshiohida:20160706184654j:plain

 

いっしょに走ったダーヤマくんは高校生の頃にイエロー・モンキーのライブへ行ったという。

あ、聞こえた!

貧しくてチケットの買えない子供のようです。

f:id:shioshiohida:20160706192701j:plain

 

実は僕は、イエモンの曲をひとつも知らない。

THE YELLOW MONKEY イエローモンキー THE MUSIC DAY

 

アフターランはA木と3人で「おくまん」で心のケアー。