2016/5/2 五月晴れの空の下

寝たのが2時前、起きたのは8時半だった。

6時45分にかけたiPhoneアラームもスルーしていた。

昨日は4時間半睡眠で早起きして六甲穂高湖へ行った。

食後2時間弱ほど昼寝した。

それで取り返せたかな思ったが加齢を甘く見ていたようだ。

寝だめは出来ない。

そういう計算が成り立たない年齢なのだ。

毎日、しっかりと休まないとごまかしは効かない。

 

朝イチで衣類の衣更えをするつもりだったがスタート出遅れでその気が起きない。

MLBのボストン×ニューヨークを見終わって(ボストンがスイープした!)

そのままグダグダと昼寝しそうだったけど、陽気に誘われ外出することに。

見たい映画があった。

リーブル神戸で15時15分の回がある。

運動も兼ねてロードバイクで行こう。

往復35キロ。

走り始めてすぐに半袖になる。

 

「スポットライト〜世紀のスクープ〜」@リーブル神戸

ボストンの新聞社の事実をベースとしたストーリー。

誠実で誇張の無い作品。

悪の姿は見せず、ホラーサスペンスの定石を採用せず、脅かさず、淡々と取材を重ねる。

エンターテインメントの要素をあえて棄てた映画でした。

棄てたことで見えにくいものにスポットが当たり、伝えるべきメッセージが伝わったのだと思う。

ちなみに SPOTLIGHT とはボストングローブ紙の特集シリーズのタイトル。

Special Reports - The Boston Globe

f:id:shioshiohida:20160503000016j:plain

 ロードバイクで神戸往復。

薄手のパーカーで走り始めるが打出で半袖Tシャツになる。

往路は鳴尾御影線、復路は山手幹線。

 

走り始めて10分ほどにある大谷記念美術館。

スイスデザイン展を開催中、雨の日には美術館へ行こう!

f:id:shioshiohida:20160502133945j:plain

 

鳴尾御影線の見どころは阪神打出と芦屋間のケヤキ並木。

f:id:shioshiohida:20160502230039j:plain

 

芦屋警察のレトロなビルはドラマ「ロング・グッドバイ」を思い出した。

でも、この電線の無粋なこと。

あ、ヨドコウ迎賓館にも行こう。

f:id:shioshiohida:20160502135303j:plain

芦屋川、住吉川を越える。
六甲から流れ落ちる急流は川底の高い天井川。
世界基準で言えば川ではなく滝。

f:id:shioshiohida:20160502140813j:plain

 

阪神御影駅の高架下。

なんだか日本の夏っぽい一枚。

f:id:shioshiohida:20160502141255j:plain

 

住吉駅あたりで海沿いへ出てHAT神戸経由で東遊園地。

f:id:shioshiohida:20160502143954j:plain

f:id:shioshiohida:20160502144151j:plain

 

ラベンダー咲く。

f:id:shioshiohida:20160502144427j:plain

 

HAT神戸の西端でニセアカシアの群落を見つけた。

f:id:shioshiohida:20160502145128j:plain

f:id:shioshiohida:20160502145138j:plain

 

クスノキの新緑が格別に美しい。
兵庫県の県木だったはず。

f:id:shioshiohida:20160502145956j:plain

f:id:shioshiohida:20160502150005j:plain

 

映画「スポットライト〜世紀のスクープ〜」を見て、
「泰南」で餃子と肉飯とレモン氷結で夕食、
水道筋の「灘温泉」で炭酸泉につかって帰宅。

f:id:shioshiohida:20160502150517j:plain

 

 


映画『スポットライト 世紀のスクープ』予告編

ちゃんとレビューを書きたい。

・メディアの規制は実は政権からの圧力ではなくて…

・「マネーショート」でもいまの時代に同じことを感じた

・あえて犯罪を犯した神父たちを登場させない選択

・一人だけ登場したのは罪の意識の無い幼稚でイノセントな印象の男

・少年少女への性的虐待、その犯罪の重さ

・アベ政権に批判的なことを書くと極左呼ばわりされるとか馬鹿げたことがいつか現実になる

 萎縮していく末に起こりうる現実 たとえば原発は反対ですとさえも大声で言えない

f:id:shioshiohida:20150728165614j:plain

 

泰南@二宮

ユニクロ着てる人ってワタシのこと?

f:id:shioshiohida:20160502183947j:plain

f:id:shioshiohida:20160502184015j:plain