2016/2/1 冬のさなか 春のはじまり

朝7時起床、血圧は正常、体重は微増。

9時過ぎから海沿いを走る。

新しい月の始まり、空は冬の雲に覆われている。

1キロほどウォーミングアップして回生病院前のビーチウォークで動的ストレッチ。

距離は5キロ弱、最後にTABATAインターバルを入れる。

ダッシュを20秒、レスト10秒の8本繰り返し。

ダッシュと言っても全力疾走の7割くらい。

NHK「すっぴん」に眼鏡堂氏が出演するのでラジオを聞きながら走った。

枕は気仙沼とアリゾナキャンプの話、ネタはスーパーボウル。

 

心が病んだ年末年始を過ごし、浮かび上がってきたのは穏やかな日常の価値。

見えていなかったものが、今は見える。

当たり前のようにあると気がつかず、失いかけると見えてくる。

これからの5年、10年はそういうことが増えてくるだろう。

2月はその見えるものを自覚し、しっかりと生活したいと思う。

自由業に規律は不可欠だ。

今月14日には誕生日を迎える。

健やかでありたい。

f:id:shioshiohida:20160201091227j:plain

 

 リクエストして今週の朝食はお粥にしてもらう。

 土鍋で炊いた朝粥で胃腸をいたわり寒い朝が温まる。

お米から炊くので出来たてを食べないとすぐに糊になってしまう。

f:id:shioshiohida:20160201100941j:plain

 

牛肉の甘辛煮と炒りつけた卵、和風スクランブルエッグ。

f:id:shioshiohida:20160201100957j:plain

 

オニオンスライスと鯖の水煮(缶詰)。

f:id:shioshiohida:20160201101042j:plain

 

自宅から一番近いスターバックスには嬉しいことにサンルームがある。

ゆったりとしたテーブルとチェア、目の前には冬木立。

イチローのシーズン安打世界記録のスターバックスカードで払うと10人に7人のスタッフが驚く。

「レアですね」「大事に使っておられますね」「貴重ですよ」

2005年にボストンだったか、シアトルだったかの店で買った。

日本に持って帰ったらアメリカのカードは使えなかった。

気に入ってたので同じデザインのものを日本で見つけて買った。

f:id:shioshiohida:20160201115951j:plain

f:id:shioshiohida:20160201114742j:plain

 

映画はソ連スパイのルドルフ・アベルの質素な生活と諜報活動のシーンから始まる。

舞台はニューヨーク ブルックリン、時は1957年、昭和32年。

そう、僕は米ソ冷戦のさなかに生まれた。

 

映画では4つの事件が描かれる。

1957年のアベル裁判、1960年のU-2撃墜事件、1961年の留学生勾留事件、

そして、1962年のベルリン グリーニッケ橋のスパイ交換。

「ブリッジ・オブ・スパイ」@TOHOシネマ西宮OS

ぷよねこの評価は★4つ、小西克哉風に言えば4ブラボーです。

f:id:shioshiohida:20160202082528j:plain

 

1957年当時、アメリカ国民がソ連に対し、共産圏に対しどんな感覚だったのかがわかる。

終戦からわずか12年、前の戦争に記憶が消え去らないまま次なる戦争に怯え、かつ備えていた。

トム・ハンクスも素晴らしいがソ連のスパイ役の俳優のたたずまいに痺れた。

あの造形は史実なんだろうか。

彼が口にしたロシア語の「不屈の男」、あの橋のシーンには痺れた。


映画『ブリッジ・オブ・スパイ』予告

何を見ても何かを思い出す。

細かいことが瞼によみがえる。

・単身東ベルリンに乗りこむドノバン(トム・ハンクス)が上等なコートを奪われる。

 壁が崩れた2年後、ベルリンのフリーマーケットで上等なウールのコートを買った。

 あれはきっとドノバンのコートだ。(そう思うことにした)

・不当に拘束されたアメリカの留学生が変換されるのがチェックポイントチャーリー。

 1986年、僕は池田高校の蔦監督らとこの検問所を通って東ベルリンに入った。

 そのとき、ビデオカメラを預けた土産物屋が映画でも写っていた。

 あれはセットだと思うが妙にリアルだった。

・ドノバンが東ベルリンから帰って西側のヒルトンホテルで朝食を二人前注文する。

 ああ、わかるなあ、その感じ。

 

…朝がお粥だったせいか映画を観ながら腹の虫が鳴き続けていた。

久々に青森煮干しラーメン「なかた屋」へ行く。

なかた屋 - 西宮/ラーメン [食べログ]

ラーメン食いではないので1年以上、いや2年くらいブランクがある。

ラーメン食いではなくとも煮干し出汁の中華そばが好きなのだ。

 

「ブラック・スキャンダル」@MOVIXあまがさき

ネットで見た予告編や「仁義なき戦い」風の動画などが面白く、

ジョニー・デップ、ベネディクト・カンバーパッチ、ケビン・ベーコンら豪華キャスト、

舞台がボストンということもあり(港湾地区のサウスボストン)、

期待してレイトショーへ行ったんじゃが、ちいとばかし期待外れじゃった。

実録犯罪ドキュメントで、あんまりエンターテイメント性が薄かったような。

ボストンを牛耳った冷酷なギャング、バルジャーの風貌が(下の)禿げたおっさんで、

それが返って凄みがあって恐えのかと思ってたけど月並みな感じじゃった。

ジョニー・デップが禿げたギャングスターを演じてみたかったので、というのが本音?

5点満点なら2ブラボー(2点)じゃ。

 

f:id:shioshiohida:20160202082529j:plain

 

  
映画 『ブラック・スキャンダル』本予告【HD】2016年1月30日公開

 

映画は期待外れじゃったが、MOVIXあまがさき は使えるなあ。

・通勤途中の途中下車で定期が使える

・駅に直結。

・大阪に比べ凄く空いている。

・同じ建物にスーパーがあって飲み物やつまみが安く買える。

・レイトショーが20時台と手ごろな時間に始まる。

・木曜日は男性1100円。

100円払って会員になる。

6回見たら1回無料はTOHOシネマと同じ。

このカードは神戸国際松竹でも使える。