2016/5/20 最終到達点

最近、トイレ本として「岳」を読み返している。 一度は読んだはずだが第一巻を読んだのは10年近く前だろう。 一話一話の詳細はほとんど忘れている。 ほぼ新しいものとして読んでいる。 加齢は経済的でもある。 きょう読んだ一篇にこんな会話があった。 主人公の島崎三歩の高校時代の回想シーン。 恩師である山岳部の顧問が…